Skip to main content.

2016年12月15日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


広島家族の皆さん、お元気でしょうか。
12月5日からの1週間、休みを取らせてもらいました。
まあぶっちゃけた話、取得するように半ば義務付けられている休暇をずっととってなくて、この時期なら人繰りも何とかなるだろうとのことで休ませてもらいました。
なんたって今年はずいぶん遅くまで野球がありましたもんね。

そんなわけで別にどこへ行く予定もなく、何しろ忘年会シーズンに入ってますので秋ごろからバンバン飲み会が入ってまして旅行どころではない。
結局、寝坊(なんと贅沢な)、撮りだめた洋画鑑賞しつつエアロバイク、夜になったら町へ繰り出す、寝坊(二日酔い)、エアロバイクで汗かいて抜く、飲み会、二日酔い…というまあその繰り返しの1週間でした。いくらなんでももうちょい有意義な過ごし方はあったろうに、とも思うのですが、映画三昧はなかなかよかった。
とりわけジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン主演の2作、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」と「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」は収穫でした。
いずれも同じ時代背景ですので機会ありましたら是非!
そのほかアンソニー・ホプキンス主演の「ニクソン」とか、やはりジェイ・ローチ監督の「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」など、今年の一大イベントだった大統領選にちなんだ良質な作品を観る機会に恵まれました。
肩の凝らないアクションエンタテインメントが大好きなわしですが、一番好きなのはこうした事実に基づいた社会派作品なんじゃなあと改めて納得した次第です。

そうそう、映画といえば12月3日、紫綬褒章を受章された広島出身の映画美術監督、部谷京子さんの受章記念パーティーに出席しました。
実は大のカープファンだということを席上初めて知りまして、そんじゃあってんで、年間指定席購入者にカープ球団から贈られた記念の今治タオルを姐さん(部谷さんのことをわしはこう呼ばしてもらってます)に喜んで進呈いたしました。
20161215-161215_1.jpg
ちなみにパーティーで頂戴した内祝いが、特製「カープ部谷坊やTシャツ」でした(笑)。
姐さん、ますますのご活躍、期待しております!
20161215-161215_2.jpg

コメント

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
※不適切と判断したメッセージに関しては削除する場合があります。
※顔文字の利用は文字化け等の原因になりますのでお控えください。