Skip to main content.

2016年09月29日


【担当アナウンサー:石橋 真】


今年もRCCラジオでは、三次で開催される広島県男子高校駅伝を11月6日に中継します。
昨日(9月28日)コースの試走などのため、訪れました。
例年、レース当日は真っ赤に色づいているみよし運動公園の木々の葉は、まだ、こんな感じでした。
20160929-160929_1.jpg
ただ、コースを試走する中で、秋の訪れを感じさせる光景もありました。
まずは、こちら。
20160929-160929_2.jpg
真っ赤なヒガンバナを駅伝コースとして使われる国道375号のそばで見つけました。
さらに、こちら。
20160929-160929_3.jpg
おそらく渋柿だと思いますが、たくさんの実をつけていました。

そして、こちらは、三次市三和町敷名地区を流れる美波羅川沿いの桜並木。
20160929-160929_4.jpg
今はさすがに花を付けてはいませんが、春になるときれいな桜並木として三次の春を彩ります。『敷名の千本桜』として、「広島県景観づくり大賞」も受賞したことがある桜の名所なんだそうです。

およそ1ヶ月後のレース本番が近づく頃は、三次の秋の風物詩の『雲海』も出るようになるでしょうし、さらに、葉の色も鮮やかに色づいてくるでしょうね。

これから10月にかけて、三次には複数回訪れる予定です。少しずつではありますが、一歩ずつ秋が深まっていく様子を感じられるのではと思います。

コメント

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
※不適切と判断したメッセージに関しては削除する場合があります。
※顔文字の利用は文字化け等の原因になりますのでお控えください。