Skip to main content.

2014年12月18日

null
【担当アナウンサー:横山 雄二】


去年の夏。親父が死んだ。77歳。なんにも言わずに、あっという間に死んだ。
「あっけないぜ!親父」って思った。長い付き合いだ。
なんか、一言でもメッセージが欲しかった。
20141218-141218.jpg
人間の死亡率は100%。
分かっちゃいるが、辛いじゃねぇか!
でも、安らかな顔をして、柩で眠る親父を見て
「好きなことばっかりやってきたんだ。後悔はないだろ!」って感じた。
どうせ「死ぬ」んだったら、やりたいことやらなきゃ意味がない。
あっという間に死んでも「とりあえずOK!」そんな人生にしたい。
それが今年2014年だった。


走ろう!って思った。
レギュラー番組や連載のコラムなど手を抜くことなく、
監督・脚本・主演を務めたテレビ映画「浮気なストリッパー」を作った。
主演映画「ラジオの恋」の劇場公開。「ごぜん様さま本」の制作。CD「広島の空」を再販。
東日本大震災チャリティライブ「ヨコヤマ☆ナイト」も休むことなく毎月やった。
被災地のドキュメント番組もたった一人で作ったし、YOUTUBE動画の制作にも手を出した。
「ごぜんさま」だって世良洋子さんの卒業、田中悠貴の卒業、新人二人の加入。
土砂災害のボランティアも継続中。人知れず、今、自分の本も書いている。
慌ただしかった。でも、親父のおかげでいい一年になった。

来年も、変わらず走ろう!と思っている。
新年早々、有吉との全国特番。映画「ラジオの恋」の全国公開。そして、キャンペーン。
本も出したい…CDも作りたい。ライブも続けたい…
今まで、どこのアナウンサーもやったことのない変幻自在な動きをしたい。
当たり前に「特別」なことが出来る存在でありたい。
今年も残りあと2週間。最後まで気を抜かずに走り続けます。ラストスパート!!
気持ちはいつも「天国」です(笑)

コメント

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
※不適切と判断したメッセージに関しては削除する場合があります。
※顔文字の利用は文字化け等の原因になりますのでお控えください。