Skip to main content.

2016年03月31日


【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


ご報告させてください。
私、久保田夏菜は3月をもちまして、
RCCを退職しました。
みなさま、どうもありがとうございました。

3年前、
地元・広島で働きたい、広島のことをもっと知りたいという思いで
広島へ戻ってきました。
取材を通して、いろんな方に出会い、いろんな想いに触れました。
とても充実した3年間となりました。

みなさんとの1つ1つの出会いが私を育ててくれたと思っています。
心から感謝しています。

これからは、RCCでの経験をしっかりと生かして
フリーアナウンサーとして広島で活動していく予定です。

フレッシュな気持ちで新たなスタートを切りたいなと思っています。
でも、RCC魂は忘れません!!!
今後も、テレビ「街頭TV 出没!ひな壇団」「できるMON!」
ラジオ「ショコラジ」は続きます!!

また、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!!
引き続き、よろしくお願い致します。

2016年03月22日


【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


10月から「ショコラジ」内で放送していた“クボカナミッション”のコーナー。
毎月出されるミッションをクリアして、女度をあげよ!という企画です。

これまでに出されたミッションは、
・お弁当を作って長谷川アナの胃袋をつかめ!
・編み物で一柳アナの男心をつかめ!などなど。
ちなみに、ミッションクリア率は、5分の2。意外と低い(笑)

そこで、今回出されたミッションは、
“スイーツを作って、長谷川アナにリベンジ!!”
その長谷川アナに事前調査に行ったところ、和菓子が食べたいと。。。
小豆の産地が分かるような素材の美味しさを生かしてほしいと。。。
「え?産地まで…???」
でも、私に和菓子作り経験がない!!!!
これは、不安です。

とはいっても、作らねば!!
選んだスイーツは“いちご大福”
北海道産の小豆を煮詰めるところから作ることにしました!(^^)!

いろんな人から「大丈夫か?」と心配されるなか(笑)
RCCのスイーツ男子・ラジプリズムの貫田部長が
手作りレシピを作ってくれました!!!
部長が、何度も作って、研究に研究を重ねた分量が書かれているようです。
なんと、心強いことか!!
20160322-160317_1.jpg

そんなレシピを片手に…
みんなの不安を背負いながら…
大福作りに挑戦!!!

途中、つぶあんのはずが、こしあんのようになってきたのが少し心配です。
20160322-160317_2.jpg

でも、でも…なんとか、形にはなりました!(^^)!
さあ、喜んでもらえるでしょうか???
20160322-160317_3.jpg

詳しくは、3月20日のショコラジで♪

2015年11月20日


【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


またまた、カンボジア話でごめんなさい。
でも、みなさんに知っていただきたいことがありまして…。
実は「IMCCD 国際地雷処理・地域復興支援の会」の広島支部を担当していることもあり、毎年カンボジアを訪問させてもらっているのですが
先日初めて、カンボジアの首都プノンペンにある“ひろしまハウス”というところに
行ってきました。
今回はその時の様子を少し書かせてもらいます。

“ひろしまハウス”とは、貧しくて学校に行けない子供たちに
無料で勉強を教えたり、給食を提供するなどしている教育支援施設です。
名前の通り、広島とは深い関係がありまして、
ひろしま・カンボジア市民交流会という団体が中心となって運営しています。
20151120-01.jpg

ひろしまハウスの構想がはじまったのは、約20年前です。
1994年の広島アジア大会の時に、広島がカンボジアを支援したことがきっかけです。
そのころのカンボジアは、内戦が終結した翌年で
選手の育成どころか、街はがれきと化した状況だったと聞きます。
「同じ戦禍の苦しみを知っているからこそできることがある」という広島の思いから、
寄付を集めが始まり、煉瓦積みのボランティアが組まれ、
11年をかけて、ひろしまハウスは完成しました。

それから、9年。
ひろしまハウスには、現在は65人の子どもたちが通っています。
クメール語、英語、数学、日本語の授業が行われ、子供たちは毎日勉学に励んでいます。
館内のこども図書館には、日本語をクメール語に訳した700冊もの本があり、
多くの子供たちでにぎわっています。
そして、休憩時間になると、笑い声があちらこちらから聞こえてきます。
疲れることを知らないんじゃないかと思うほど、全力で遊ぶ子供たち。
20151120-02.jpg 20151120-03.jpg

しかし、彼らが抱えている問題の1つが教育の遅れです。
カンボジアは貧富の差が激しく、高額の資金を払い私立学校に通う子もいれば、
学校に通うことができず、字の読み書きができない子もいるのです。
字の読み書きができなければ、将来仕事に就くことができず、
貧しい暮らしを強いられてしまいます。
子供たちはそれを知っていて、学びたいと思うのだけれど、
働かないといけないから…貧しいから、という理由で
学べる環境がない子供たちもまだまだたくさんいるといいます。
ひろしまハウスに通う子供たちも、路上に構えた屋台で暮らしていたり、
屋根裏のようなスペースで暮らしているような子たちもいます。

そのため、日本の子どもに比べると、学び始めた年齢もずいぶん遅かったりしますが、
それぞれが小さな夢を持って、一生懸命勉強に励んでいました。
「将来、自分のような貧しい子供がいなくなるように、クメール語の先生になりたい」
「オシャレが好きだから、美容院に就職できるように勉強したい」
「日本で働いて、両親にお金を送りたい」
20151120-04.jpg 20151120-05.jpg

私が想像する以上に、彼らが抱えている問題は重く大きいのかもしれませんが、
学べることに喜びを感じて、ひろしまハウスに通っているように見えました。
カバンがなくて、ノートを手に持って来る子、靴がなくて裸足で来る子…。
でも、そんなことは吹き飛ばしてしまうくらいの笑顔を見せてくれましたし、
遊ぶことも、学ぶことも…全てがエネルギッシュ。その姿は逞しかったです。
20151120-06.jpg 20151120-07.jpg

もしかしたら、学び続けることさえ、そう簡単なことではないのかもしれませんが、
このまま子供たちが自立できるまで、学び続けられる環境が維持されることを願いたいです。
一方で、そう簡単に短い文章で伝え切れることではないとも思っています。
そんな私の言葉だけでひとくくりにしてはいけないなと…。
でも、ひろしまハウスがこれからも継続されていくには、
少しでも多くの人に知ってもらうこともきっと大事で
ひろしまハウスのこと、少しずつ伝えていきたいなと思っています。
20151120-08.jpg

2015年07月30日


【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


今年もライフスタイル博2015を、
8月29(土)30日に広島グリーンアリーナで開催します!
美容・グルメ・ファッション…と、
女性のためのHAPPY DAYSがやってきますよ〜!!!

その中の企画の1つが、女性アナウンサーと各番組と広島のお店によるコラボ企画。
女性たちをはじめ、会場にこられたお客さんみなさんに喜んでほしいと
楽しく商品開発をしていますヽ(^o^)丿

私が担当しているラジオ番組「ショコラジ」は、
いつも大行列ができるという人気店“ジェラート工房 ポーラベア”さんと
オリジナルジェラートを作ることになりました。
真夏の暑さに溶けてしまう前に、ジェラートでひんやりしてもらいたい!!!
※写真 (左 Wink編集長沖本さん、店長呼坂さん、私)
(0398)

まずは、どんな味にするのかを考え、
(←思いつくままに、たくさんの味を提案してきました…笑)
試作品を作ってもらい、試食、試食、試食…とにかく試食!!
何度試食を重ねたことでしょう(^v^)
「ただ、食べたいだけでしょ!」という声も聞こえてくる気もしますが(笑)
そこは目をつぶっていただいて…(ToT)/~~~
(0396)

全ての人に食べてもらいたいっ!!と思うくらいの
ショコラジ×ポーラーベアジェラートができあがりました!!!
種類は全部で6種類。
いろいろとこだわりはあるのですが、長くなっちゃうので1つだけ笑。
「ショコラジ」…“ショコラ”ということで、
チョコ系は3種類用意しています!!!お好きな味を見つけてみてくださいね。
(0397)

当日は、ポーラーベア店長の呼坂さんと一緒にお店に立ちたいなあというひそかな願いも。
ライフスタイル博2015でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
(4910)

2015年04月06日

null
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


新年度を迎えましたね!
気持ち新たにスタートしたい、そんな季節ですよね(^^)

先日、家にある自分の荷物を整理しました。
いわゆる、“断捨離”のことです。
でも、断捨離という言葉は実はちょっぴり苦手で、整理とか手放すと言うようにしています。
それぞれの漢字からは、私は、何だか悲しい印象を受けてしまうので、物がかわいそうで捨てられなくなってしまうという…笑

話は少しずれますが、
私には、とても会いたい、再会したい人がいました。
20歳のとき、ドイツへ短期留学していて、そこで出会ったミドリさんという方です。
ミドリさんは、画家で、当時42歳でした。
年は離れているのに、出会った次の日には、別の都市へ2人で旅行に行ってしまうくらい、意気投合しました。
その旅行先で、ミドリさんに私の絵を思い出に描いてもらいました。
あ、その絵は、結構美化されています笑

20150406-150406.jpg

しかし、私は広島へ、ミドリさんは仙台へと、それぞれの場所に戻り、あるときから、携帯のデータが消え、連絡がとれなくなってしまっていたのです。


先日、別のミドリさんという方とお茶をしたことをきっかけに、ドイツで出会ったミドリさんをふと思い出しながら、荷物の整理をしていました。

そのとき、ミドリさんに描いてもらった絵が出てきました。音楽や匂いは、記憶を呼び起こすといいますが、その時の記憶がいろいろよみがえってきました。忘れてたこともいろいろあるなーと。

すると、見慣れない10×8くらいの小さな茶色いノートが出てきました。
何だろう?…よくわからないけど、開いてみよう!
メモなどをみると、留学の時に、メモ用に持っていってたノートと分かりましたが、8年も前なので、完全に忘れていました笑(^^;;

懐かしく見ていると、
少し薄くなった鉛筆で書かれたミドリさんの電話番号とアドレスが書いてありました!!

まさか、こんなところに!!

嬉しさの反面、
もし繋がらなければ、もう会えない気がして、少し不安な気持ちにもなりました。

どうしようどうしよう…


よし、電話してみよう!
…プッー…つながらない。

メールしてみよう!
…エラー。


でも、数時間後、
仕事を終えたミドリさんから元気な声で電話がかかってきて、お互いものすごい勢いで、8年分の近況報告をしました笑

よく、部屋を整理すると新しい風が吹くとか聞きますが 、今までは、正直ピンときていませんでした(^^;;

でも、
思いがけないサプライズがあったり、気持ちの整理ができたりして、
どんなに小さくても何らかの変化が生まれるということなのかなと、なんとなく分かった気がしました(^^)

これからは、率先して、いろんな場所の整理を始めていきたいなと思いました。

2014年12月11日

null
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


先日、長期休暇を使って、
カンボジアのバッタンバン州にある、タサエン村へ行ってきました。
その村は、タイの国境近くにあり、内戦時代に、多くの地雷が埋められた場所です。

地雷処理活動をする日本人、高山良二さんという方との出会いがきっかけで
これまでにも、4度、その村を訪れています。

「何のために?」よく聞かれます。うーん、特には、何もしていないんです。
何かをするわけでもなく、村の時間に身を任せて、なるように動くだけ、それだけです。
市場の買い物について行ったり、一緒にココナッツを採りに行ったり、歌ったり…
でも、私にとっては、それがとても有意義な時間なのです。

20141211-141211_01.jpg

20141211-141211_02.jpg

今回も、会いたい人たちにあえて、たくさんの笑顔を見られて、
自然に寄り添いながら生きる村人の生活を感じて、
何だかあったかい気持ちで日本に戻ってきました。
屈託のない笑顔に出会えただけで、とても幸せな気持ちになれます。
こっちが恥ずかしくなるくらい、笑顔がキラキラしていて、美しいのです。
雨水かぶって、庭にできた果物を食べて、カタコトの言葉で話して、
とにかく笑う。


便利な生活とはいえないけど、無駄なものも何もない。
私にとっては、「生きてるなぁ」と肌で感じられる場所なのです。

20141211-141211_03.jpg

村の現状はというと…
数年前に、その村の地雷は全て撤去されました。
ただ、車で15分ほど走った隣村には、まだたくさんの地雷が残っています。
タサエン村は、地雷撤去のおかげで、農業が安定し、
キャッサバという芋やサトウキビ、米などの農家が増え、
特産物を作るために、日本の酒蔵で研究した麹を使った、キャッサバ焼酎を製造中。
また、雇用創出のため、水引きやうちわなどを作る5つの日本の工場があり、
16歳〜25歳くらいの若い女性たちが働いています。
教育に関しては、子供たちは学校に通っていますが
経済的な問題や、雨季は道路が寸断されることもあり、学校に通えない子もいます。

20141211-141211_04.jpg

20141211-141211_05.jpg

今回は、初めて、地雷処理の現場を見学させてもらいました。
20141211-141211_06.jpg

ドクロの看板の下には、爆破される地雷が並べられています。
発見された地雷は、爆破して処理するのです。

地雷処理をするデマイナーの男性が持っているのは、
その日、活動中に見つかった対戦車地雷。


20141211-141211_07.jpg

命を落としてしまうかもしれない地雷が目の前にあるのに、想像していたよりも、恐怖心を感じませんでした。

それは、地雷という危険と隣り合わせで、村人が生きているのを
目の当たりにしたからかもしれない。

家の周りや畑から地雷が見つかることもしばしば。
地雷が埋まっているであろう場所などは、村人から聞き出して、探すこともよくあるそうです。
つまり、内戦時代に、敵も味方も…たくさんの人が、
敵を倒すために、家族を守るために、あらゆる手段で埋めたのです。
命を守るためには、そうするしかなかったと聞いています。

20141211-141211_08.jpg

地雷に苦しむ国と言われているけど、悲壮感などは感じません。
地雷に振り回されてるかというと、そんな感じもしません。
過剰に警戒するわけでもなく、過去を振り返るのではなく、目の前の現実と向き合って、今を生きる…そんな力を感じます。

地雷によって多くの命が奪われ、今も地雷に苦しむ国というのは間違いないけれど、村の人たちは決して不幸には見えません。
どんな表情にも力があって、人間らしく生きているのだなと思います。

20141211-141211_09.jpg

光も影も併せ持つ、いろんなことを考えさせられる場所で、
これからも大切にしたいと思っています。

2014年08月07日

20130411-kubota_57_75.jpg
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


最近は、夏の暑さからか、
髪を乾かしながらアイスを食べるのが日課になりつつある久保田です。
いえ、季節に関係なく、冬も食べていますが(笑)

ひんやりを求めて、アイスに手が伸びちゃうよ〜という方に、
宣伝させてください(^v^)

毎週日曜11時放送の
広島のタウン情報誌“Wink”とのコラボレーション番組「ショコラジ」から
コラボスイーツが出ました♪
コラボしたのは、広島市中区袋町にある「AIDA with CAFE」さん。
フードやスイーツが食べられるカフェに加え、雑貨なども充実していている人気店!
“Wink”8月号の特集「最旬ひんやりスイーツ」に合わせて、誕生しました。

そのスイーツがこちら!
(パフェ)

「フローズンショコラとサマーフルーツのグラスカフェ」
要となっているのは、アイスクリーム下のショコラ氷。
ビターチョコレートを使った特製氷です!!!チョコなのに、さっぱりなんです♪
さらに、ココアゼリー、チョコムースト、ショコラ押し(●^o^●)
ひんやりフローズンフルーツの酸味がちょうど良い!しかも、番組ロゴが!


夏と言えば…かき氷!!
→番組名も入れたいな〜
→じゃあ、やっぱりチョコ?
→でも、チョコ色は夏っぽくないよね?むしろ、冬?
→夏フルーツ入れたらいいんじゃない!?
→甘さ控えめの方が食べやすいかな?

という、
ショコラジメンバーによる女子会議トークを
わがままにも全部取り入れてもらったというわけです(笑)

自分で言うのも何ですけど…言っていいですか?

すっごい美味しいんです、ほんとにほんとに(笑)(^v^)!
だから、みなさんにも食べてもらえたら嬉しいなと思っています。
販売期間は 8月22日(金)まで
コラボスイーツをよろしくお願い致しますヽ(^o^)丿
(写真 久保田+パフェ)

「AIDA with CAFE」
広島市中区袋町5−38 山中ビル2F
営業時間 11:00〜20:00  無休

このアナウンサー日記担当のKさんが、誕生日プレセントにくれました(^v^)
とても、ありがたい♥
(写真 ショコラジ)

2014年04月03日

null
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


みなさま、こんにちは(*^_^*)久保田夏菜です!

新年度が始まりましたね〜!
変化の多い時期、何か新しいスタートを切ったという方も多いのではないでしょうか?
私にとっても、ドキドキワクワクの春になりまして、
みなさまにお伝えしたいことがあります、たくさん(笑)

祝☆新番組が2つスタートすることになりました!

4月1日から「カープ女子 恋する応援団♪」がスタート!
カープ中継が始まると、おなじみの時間ではありますが、
カープ女子3人が恋するカープを熱く応援していく番組です。
(あ、タイトルのそのままです…笑(・。・;)

(3人写真)
左から、住本明日香さん(木・金)久保田夏菜(火)伊藤日向子(水)さんです!

毎回、カープ女子に電話を繋ぐ“カープ女子 恋するテレフォン”
観戦しているカープ女子に、球場の盛り上がりや、
その日のファッションなどを聞いていきます!
それぞれが持つコーナーもありまして、
私は“もっと好きになる ラジオ版選手名鑑”と題しまして、
「素敵!」「意外!!」と思える情報などを交え、選手名鑑を1ページずつ作っていきます!

放送は、RCCラジオ・野球中継後から21:40まで♪

2日のヤクルト戦、堂林選手のサヨナラホームランに歓喜する3人!!!!
(写真)

もう1つ♪
RCCラジオ・日曜日のお昼11時から「ショコラジ」という番組がスタート!
タウン情報誌「Wink」編集部とコラボレーションして旬な話題をお届けしていく番組です。
まだ間に合うおでかけ情報や、スイーツ、女子力アップ…など、話題満載です!!!!

(写真)
番組の相方は、編集部の女性メンバーが週替わりで担当!
映画通にグルメ通…と、みなさまキラリと個性を光らせ登場しますので
聞きどころいっぱいだと思いますヽ(^o^)丿

ゆるり楽しい日曜を一緒に過ごしましょう!!

そして、
私、久保田夏菜にとっては2年目の年となりましたヽ(^o^)丿
スポーツに、グルメに、おでかけに…ときに、女性らしさも❤
いろいろと欲張りながら、笑顔いっぱいで
たくさんの情報をお届けしていきたいと思います。
引き続き、どうぞよろしくお願いします!!!

2013年12月05日


【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


12月に入り、今年も残すところ1カ月を切りましたね!!
2013年やっておきたいことを、箇条書きにしてみたら
出でくる出てくる…全てはできないと思い、途中でやめました(笑)

さて、師走といえば、寒さも本格化してきます。
11月末には初雪が降るなど、ついに冬が到来。
寒さに弱い私にとっては、ついつい体の動きが鈍る季節でもあるんです。。。

そんな冬を楽しく乗り切る良い方法がありますヽ(^o^)丿
その名も“みんなでお鍋を囲んでウォームシェア”
(写真)

今、RCCのテレビでもウォームシェアのCMが流れているのですが、
ご覧になられた方はいらっしゃいますか?
私も出演しているのですが、1つのお鍋をみんなで囲んでカキ鍋をわいわい食べてます。
一見、普通にただ鍋を食べてるようにしか見えないですけど(笑)
これがウォームシェア❤
みんなでひとつの部屋に集まって過ごせば、エネルギー消費を減らせるとともに、
コミュニケーションが深まる。
体も心もあったかくなれるというわけです(*^_^*)
(写真)

我が家では、鍋を食べるとなぜか猫も集まってきます( ^)o(^ )
冬はこたつで丸くなる猫が寄ってくるということは、
ホットスポットに間違いない!!!ということでしょうか〜。

RCCでは、1月にみんなで楽しくお鍋を食べよう!イベントも予定していますので
お楽しみに♪

2013年08月01日

null
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】



みなさま、こんにちは!
2回目の登場、久保田夏菜です(*^_^*)

県内いろいろなところへ取材に行かせてもらっていますが
週1回のラジオの収録で
古民家カフェや、癒しハウス、丘の上の珈琲屋さんなどへお邪魔して、
いろいろなお話を聞かせてもらっています!

お店オープンのきっかけなどの話をしてると
必ず、人生話に花が咲いて、楽しくて楽しくて…♪
不思議なことに、みなさんの話の中に共通点が多いのです。

「好きを追い続ける楽しさ」
「ワクワクに敏感になる」
「自分の心にまかせる」という言葉がものすごーくよく出てきます。
プロセスの仕方は全然違うのに、軸になっていることは似ているんです。
しかも、キラッキラした目で話してくださるのはまったく同じ!!

「わっ!あの時ワクワクしたのに、見過ごしてたー」
もっと、自分の直感に敏感になってみようと
とても勉強になります。


あと、みなさん、自分がいる場所への思いがとても強いんですよね。
でも、一度東京に出て戻ってきたとか、
若い頃は、何もない田舎としか思っていなかったとか
離れてみて良さを知ったという方がほとんど。


たしかに、私もそうなんですよね。

今、私のパワースポットは安芸高田市にある祖母の家。
田園風景が広がる何もないところなんですけど、すごく空気がおいしいんです。
4年前に、広島から離れてから、よく行くようになりました。
(写真1)

緑が好きで、よく眺めてます。
新緑なんて、写真に撮りたくなるくらいきれい。
何よりも、扇風機やクーラーの機械的な風ではなく
自然の柔らかい風の中で、
外置きのソファの上で寝るのが最近の過ごし方。
(写真2)

でも、昔はただの田舎として思っていませんでした。
田んぼや山を見ても…「ふ〜ん…」
冬は、「寒すぎるな〜」
ぐらいにしか思っていませんでした。


いやー、心がさみしいですね〜(笑)
本当にもったいないことをしていました…。

今や
自然を求めて行くようになっています。
自ら、どんな自然があるのか見ようとしています。
(写真3)

あたり前だと思っている中に
いろいろとワクワクは詰まっているんでしょうね。
ただ、自分が気づいていない、それだけのことなんでしょうね。

そんな話をして、
取材では、いつも盛り上げがっています(*^_^*)

2013年04月11日

null
【担当アナウンサー:久保田 夏菜】


みなさま、はじめまして!
4月にRCCに入社しました、久保田夏菜です。
今回のアナ日記は、記念すべき1回目。
ごあいさつを兼ねて、少しだけ自己紹介もさせていただきますね。

改めまして、久保田夏菜です!!
“夏”に野菜の“菜”と書いて、“かな”と読みます。
なっちゃんと読んでくれる方も意外と多いので、もう私は全然気にならないのですが(笑)、最初なので一応書かせてもらいます…。

出身は広島市で、大学を卒業するまでは広島にいましたが、
この4年間は愛媛県でアナウンサーをしていました。
愛媛では、全力で笑って、泣いて、大奮闘してきたつもりでしたが、
広島に戻ってきて、知人たちに言われたのは「全然変わってないね〜」という言葉ばかり!
嬉しいような悲しいような…
でも、それが私らしさ!と前向きに捉え、広島で再スタートを切りました!!!


※初鳴きです。

久保田夏菜はどんな人間なのか…
とにかく、アクティブに行動することが大好きです。
完全な文系人間で、「楽しそうな気がする」「理由はわからないけど、何か感じる!」という曖昧な感覚だけで、ノープランで出掛けるという自由な行動が大好きです。
人に会いに行ったり、エネルギー充電のため自然を求めて山登りをしたり…
ノープランの中にある出会いやハプニングをどう乗り越えるかというのが楽しいんです。(乗り越えるパワー、仕事にも生かされたらいいんですが…苦笑)

自由旅の中で印象に残っているのは、カンボジアのある村との出会い。
休みができたら、必ず行く村で、村人と文通したり、現地で撮った写真を眺めたり、
スカイプしたり…それは、今や私のライフワーク。絶対にはずせません。。。
話し出したら熱くなるので、今回はこのあたりで終わりますが、
今後、カンボジア話はよく出てくると思いますのでお付き合いくださいませ…♪

さあ、次はどこへ行こう!!と常日頃考えていますので、もちろん困ることも多々…。
家庭的な女性としてはやや難あり…整理整頓と料理には向いていないようで、
1人暮らし時代はなかなかワイルドな生活をしていました。
やる気スイッチがいつ入るのか待っているところです(笑)

こんな私ですが、
広島のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
どんな時も「心を込めること」を大切に、
たくさんの情報をお届けしていきたいと思っています。
テレビ・ラジオを通して、みなさんと一緒に素敵な時間を過ごせますように。