Skip to main content.

2016年12月15日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


広島家族の皆さん、お元気でしょうか。
12月5日からの1週間、休みを取らせてもらいました。
まあぶっちゃけた話、取得するように半ば義務付けられている休暇をずっととってなくて、この時期なら人繰りも何とかなるだろうとのことで休ませてもらいました。
なんたって今年はずいぶん遅くまで野球がありましたもんね。

そんなわけで別にどこへ行く予定もなく、何しろ忘年会シーズンに入ってますので秋ごろからバンバン飲み会が入ってまして旅行どころではない。
結局、寝坊(なんと贅沢な)、撮りだめた洋画鑑賞しつつエアロバイク、夜になったら町へ繰り出す、寝坊(二日酔い)、エアロバイクで汗かいて抜く、飲み会、二日酔い…というまあその繰り返しの1週間でした。いくらなんでももうちょい有意義な過ごし方はあったろうに、とも思うのですが、映画三昧はなかなかよかった。
とりわけジェイ・ローチ監督、ブライアン・クランストン主演の2作、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」と「オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男」は収穫でした。
いずれも同じ時代背景ですので機会ありましたら是非!
そのほかアンソニー・ホプキンス主演の「ニクソン」とか、やはりジェイ・ローチ監督の「ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女」など、今年の一大イベントだった大統領選にちなんだ良質な作品を観る機会に恵まれました。
肩の凝らないアクションエンタテインメントが大好きなわしですが、一番好きなのはこうした事実に基づいた社会派作品なんじゃなあと改めて納得した次第です。

そうそう、映画といえば12月3日、紫綬褒章を受章された広島出身の映画美術監督、部谷京子さんの受章記念パーティーに出席しました。
実は大のカープファンだということを席上初めて知りまして、そんじゃあってんで、年間指定席購入者にカープ球団から贈られた記念の今治タオルを姐さん(部谷さんのことをわしはこう呼ばしてもらってます)に喜んで進呈いたしました。
20161215-161215_1.jpg
ちなみにパーティーで頂戴した内祝いが、特製「カープ部谷坊やTシャツ」でした(笑)。
姐さん、ますますのご活躍、期待しております!
20161215-161215_2.jpg

2016年08月18日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


6月23日のことでした。知人から突然電話。
「本名さん、猫飼いたい、言いよっちゃったですよね」
その人のお嬢さんが子猫を飼っていたのですが、やんごとなき事情で飼えなくなってしまい、急きょ里親を探すことになったそうで、確かに以前そんな話をした記憶がありますし、昨今の猫ブーム以前から猫は飼いたいと思っておりました。
が、到底かみさんが承諾してくれるとは思えず半ばあきらめておりました。
「4か月のオスで、ケージもトイレも一切合切あります」
心動きますよね〜(笑)
「いちど見せてください」
と返事をすると先方は
「これから自宅へ見せに行きます」
事は急展開。ちなみにかみさんは出かけてて娘は学校。
例によって日中は朝の仕事が終わったわしひとり。まいっか、見るだけなら。そんなわけでとりあえず猫ちゃんを見せに来てもらうことになりました。
1時間後、キャリーバッグに入った白と茶の子猫が到着。可愛いじゃありませんか。
20160818-160818_1.jpg
現物見ちゃうともうダメですよね。
エキゾチックショートヘア(ペルシャとアメリカンショートヘアの掛け合わせ)のオスで「えくぼ」と名付けられたその子をわしの独断で飼うことにいたしました。
かみさん?まあ飼うことにしちゃったら嫌とは言えまい。
数時間後かみさん帰ってきて白状したら激怒!(ま、そりゃそうですわな)ちなみに娘は大喜び。
「なんで相談もなしにそんなことするのよっ。ペットと言ったら家族の一員でしょっ。ゴルフ道具買うのと訳が違うんだからっ!」
そこをなんとか、とそれこそ額をテーブルに擦り付けんばかりに謝罪とお願いを繰り返し、ようやくOKが出ました(´▽`) ホッ
なんでも娘とかみさんとは「何か飼いたいね」という相談はしていたんだそうで、むしろ猫は大歓迎であったようなのです。
要するに自分に相談もなく大事なことを勝手に決めるなと。
で、「えくぼ」でもよかったのですが、かみさんの命名で「ごろ」となりました。
しょっちゅうゴロゴロ寝てるのと、のどをゴロゴロ鳴らすのとで。
顔もエキゾチック特有の「ぶさかわ」系なので、「えくぼ」じゃちょっと可愛すぎるかなと。
ごろは基本わしの部屋で暮らしています。犬も飼ったことがありますが、散歩がいらない、体臭がない、トイレの失敗がない、うるさくない、といった点は確かに楽(もっとも種類や気性にもよりますが)と思います。
問題なのは「毛」。これはすごいよ。ショートヘアといいましても結構もふもふしてまして、どんなにブラッシングしても抜け毛は出ます。
極細の抜け毛は埃のように宙を舞い、いろんなところにひっつくのです。
ほったらかしとくと大変な状態になるので、あんまり掃除などすることのなかったわしですが、ごろと暮らすようになってからは毎日念入りに掃除をするようになりました。
おかげで以前より部屋は格段にキレイになっとります(笑)
ウチに来てひと月半くらいになりますが、いよいよ明後日去勢手術。
オトコであるのももうあとわずか。そんなことを知る由もない彼は今もケージの中でぐでっと横になっています。
わし同様ひとつ、猫のごろもよろしくごひいきにお願いいたします。
20160818-160818_2.jpg

2016年04月28日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


アナウンサーになって30年余り、これまでいろんなジャンルを担当してきましたが、スポーツ中継だけは経験がありません。

が、そんなわしでも唯一経験したのがゴルフです。
1998年、ですからかれこれ20年近く前になりますか、瀬戸内海ゴルフクラブで行われました「ミズノオープン」の18番グリーン担当レポーターです。
なんでわしに白羽の矢が立ったのかと言いますと、当時本格的にゴルフやってたのがわしだけだったから(笑)。
2001年まで、ですから4年間やりましたねえ。
で、それが今も続く「ゴルフの花道」へとつながっていくわけです。
え?と思われるかもしれませんが最初の一年だけわしが担当しておりました。
翌年昼のラジオワイドを受け持つことになりまして、取材時間が取れないという理由で番組を交代することになるわけですが、そうなったとたんゴルフへの情熱が一気に冷めまして、もう15年くらい遠ざかっておりました。
が、最近カミさんの両親からゴルフに誘われることが多くなり一念発起、カムバックゴルファーとして悪戦苦闘しております。
かつては白竜湖のフルバックから80台で回ったことすらあるこのわしですが、いまや初心者同然。
こないだようやくハーフで50を切りました。トータル?いやきかんとってください…。
カラダはひとつしかありませんのでいまのところ自転車もアーチェリーも開店休業状態。
もうちょいゴルフメインで頑張ります。

次回の日記では90台なかばで回れるようになったとご報告するつもりです。

2016年01月04日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


みなさま、新年おめでとうございます。
2016年が幸多き年になりますよう心からお祈りいたします。
と言いますか、自分でええ年にするしかありません。
今年は社内的に、念願かなってデスク業務から外れ、現場にほぼ専念できる環境が整いました。

「おはようラジオ」により磨きをかけ、日々よりよい内容にしていく所存です。あわせて後進の育成。

昨年は若い二人が「チャリティーミュージックソン」のMCをつとめました。
成長ぶりに目を細めましたが、まだまだ発展途上。自分自身も成長せねばなりませんが、
それ以上に「技能の継承」をキーワードに活動していこうと思います。

…てなことばかりでなくプライベートもより充実させんといけませんでー。
キーワードは「走・交・酒」。今年も走り、皆さんと交わり、飲む。
三拍子そろった「リア充オヤジ」を目指します。

あ、アーチェリーも頑張りますぜ!「走・交・射」こっちかな(笑)

みなさま、今年一年、RCCをよろしくお願いいたします!

2015年09月10日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


わしは自他ともに認める「夏男」でありまして、もう猛暑だろうが酷暑だろうが暑いの大好き。
一方冬は本当に苦手なのです。体重落としてからよりその傾向が顕著になりました(笑)
やっぱり体脂肪を削ると寒さが堪えるのかもしれません。
9月は誕生月なのですが、そんなわけで実は結構あんまり好きではなかったりするのです。
最もカープが調子良ければ全て良し、なんだけど今年はそんなこともなく。
おととしの9月は楽しかったよなあ、なんて調子の上がらない打線を見て遠い目をしたりしております。
ま、優勝はさておきCSはまだまだわからんですけどね。

夏が好き、言いましてもさすがに今年のジメ暑ぶりはすごかった。
趣味のジョギングでは初めて信号待ちしててぶっ倒れそうになりましたもん。
さすがにこれではイカンというわけで、久々にロードバイクに切り替えました。
バイク(自転車)は走っている限り空冷効果がありますので水分補給をちゃんとしておけば、
まあガンガン踏まないかぎりは大丈夫。
ただしランニングに比べて運動強度が低いので、
やっぱり2時間くらいは乗らないと運動した気にならないのが欠点といえば欠点です。

このところやっと涼しくなってきたのでそろそろランに切り替えようかとも思いますが、
10月末には「しまなみサイクリング尾道大会」で例によって司会兼ライダーが控えているので、まあ半々かな。
その後すぐに「国際平和マラソン」の司会兼ランナーがあり、
今朝PC開いてみたら来年2月の「とびしまマラソン」の司会兼ランナー依頼が呉市から届いてました。
今年53になりますが、相変わらず身を削っての司会者稼業になりそうですわい(笑)
がんばるぞー!

2015年05月14日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


今年も5月3〜5日、平和大通り一帯で「ひろしまフラワーフェスティバル」が開催されました。初日は雨にたたられたものの3日間で150万人以上の人で賑わいました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

わしは今年も開会式、そして為末大さん主宰の「ひろしまストリート陸上」の進行など担当いたしました。その「スト陸」でのお話し。
5回目を迎える今年は例年以上の盛り上がりを見せ、9人のアスリートたちの技を間近で見ようと早くから大勢のお客様が全長70メートルほどの特設コースの周辺に集まってくださいました。
為末さんは、未来を担う子供たちにぜひ陸上への興味を持ってもらおうと、最前列には「こどもスペース」を設け、さらに「ミニかけっこ教室」も行ってくれます。

短い時間なので全員というわけにはいきません。
「やってみたい人〜!」と声をかけるとたくさんの小さな手が一斉に挙がります。
そんな中、「はいっ!はいっ!はいっ!」とひとり大声でアピールし続ける小さな男の子が。あまりに真剣な姿にわしが彼を選んであげました。
「こうじ君」というその男の子、スタートダッシュの練習ではなかなかのスプリンターぶりを発揮していました。で、そんな楽しい時間を経てあっという間にプログラムはすべて終了。今年も成功裏に終わりました。

その翌日、「おはようラジオ」本番前にパソコンを開いてメールをチェックするとこんなおたよりが…。

「本名さん、おはようございます。
初メールです。
我が家の食事中は必ずラジオなので、6才の長男と2才の次男も毎朝ラジオ聞いてますよ!
昨日の4日、フラワーフェスティバルでストリート陸上観に行きました。
かけっこ教室で小1の長男を選出してもらい、本当にありがとうございました!!
「本物のメダリストに、かけっこ早くなる方法を教えてもらえるよ」 と言ったら、ものすごい乗り気で出掛けていた長男。

会場で一番元気よく手を挙げて、本名さんに選んでもらったり、為末さんから指導してもらったりでとにかく大興奮でした!!
「何事もやるからには本気だよ!」といつも言ってますが、本当にあんなに猛アピールしてかけっこ早くなりたいとは…。
長男の本気が伝わりました(笑)

かけっこ教室を通じて本物のメダリストと一緒に過ごせた時間は、とても貴重な体験になったことと思います。
それから義足のアスリートもいらっしたけど、義足を間近で見させてもらい、色々と長男なりに感じることがあったようです。

不自由なことがあっても諦めない気持ちや、努力や道具でカバーすると出来るようになることがある、そういったものを伝えたくてストリート陸上を観に行きました。
長男は体操教室と水泳を習ってますが、運動以外でも今の体験を通して成長してくれたらと願っています。

本当に、素晴らしい企画を開催してくださり、ありがとうございました!!!
また来年も楽しみにしています。
ラジオネーム・未来のメダリストの母」

「こうじ君」のお母さんからのメールでした。
進行役としてこれほどうれしいお便りはありません。
そして「一生懸命取り組むこと」「希望を捨てずに頑張れば困難も乗り越えられること」「感謝の気持ち」…。こうしたことこそが、為末さんが感じ取ってほしかったことなのではないかと思うのです。
「何事もやるからには本気」。いい言葉ですね。
そしてどんどん子供に経験させて刺激を与える。
とてもいい教育をされていると思います。
そんな環境の中で育った彼が世界の舞台でトラックに立っている日が来るかもしれません。

2015年01月22日

20121108-honna_57_75.jpg
【担当アナウンサー:本名 正憲】


おはようありました。連日寒い日が続きますのう。
そんな中、このところ連日ジョギングとアーチェリーに取り組んでおります。
わしの場合午後は仕事がないもので、去年は昼間からビール飲んだりして反社会的ヨロコビを楽しんでおったのですがもうそれどころじゃありゃしません。
まず2月の7日土曜日、アーチェリーの室内大会、「東京インドア」がありまして、わしの師匠であります広島工業高校アーチェリー部監督の戸田先生に半ば無理やり誘われました。
楽しい大会だから出ますよね?
夏はカープとビールに明け暮れておりましたので全然練習なんかしておりません。
もうここんとこ午後は県工で高校生諸君とひたすら18メートル先の的に向き合っております。
戸田先生「連日熱心なことで」
わし「熱心じゃなくてケツに火がついてるの」
東京くんだりまででかけてあんまりみっともない成績は残したくないもんですから必死です。
でもその晩の飲み会が大いに楽しみ。「大人の合宿」ってとこですか。
ナショナルチームに所属している菊地選手(エディオン)は来られないみたいですが、広島県の(てことは日本の)トップアーチャーたちと一緒です。
始めて3年目のオッチャンが同じ土俵に立てるってのはこの競技ならではかもしれませんね。
ひょっとしたらアテネオリンピック銀メダリスト、「中年の星」こと山本博さんと飲めるかもしれないんですと〜♪
県工にて。右が師匠の戸田先生です。94年広島アジア大会の代表選手でいまもバリバリの現役

で、もうひとつは22日の「とびしまマラソン」です。
これは去年の秋ごろ、主催する呉市から電話がありました。
去年もこの大会に呉市からの依頼で、
開閉会ステージの司会とハーフ(21.1キロ)のゲストランナーとして参加させていただきました。
呉「次の大会からフルマラソンになるんですが本名さん、去年同様ぜひ…
わし「・・・。」
これまで40キロ近くを走ったことがないわけではありませんが、走歴7年にしていまだ「フルマラソンバージン」なわし。
「ついに来たかー」というのが率直な感想です。
まあ、サブ3.5(3時間半未満)なんて大それたことは考えておりません。
4時間もつれで完走できれば上々の上出来。
ですが練習不足はケガのもとでもありますんで、筋トレのつもりでじっくりと走る毎日であります。
「とびしま」出走される皆さん、楽しみましょうね!
遅いからトロいからって、わしを笑わんといてね〜

2014年09月18日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


今これを打っているのが17日の水曜日、午後3時過ぎ。
東京ドームでのG戦で悪夢の3連敗を喫し優勝へ黄色信号がともったわれらがカープですが、
最後の勝負となる9連戦は残念ながら1勝1敗ペースで巨人とのゲーム差は5。
厳しいですねー。
奇跡の大逆転優勝!と願いたいところですが
わし自身としてはCS地元開催、つまり2着確定の朗報が早く聞きたい。
弱腰、との批判もありましょうが、まあええじゃないですか。
去年は借金付きの3位で甲子園、それに比べりゃ本当に強くなったもんです。

ま、奇跡の逆転優勝が数字上あるならば
悪夢のBクラス転落だってあるわけで、浮かれていてはいけません。
え?縁起でもないこと言うなて??

とにかく9月にこんな話ができる、球場で盛り上がれるなんて、やっぱ最高です。
広島人でいてよかったと、本当に思います。
土砂災害の後、これが口癖になりました。
広島は負けん!

2014年05月22日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


尾道市向島と愛媛県大三島を往復する110キロ、
「銀輪パラダイス しまなみ海道サイクリング尾道大会」がいよいよ25日に迫ってまいりました。
今回も司会兼出場者として頑張ります。

写真
今年はロードじゃなくてコイツで走っちゃろうと思うとります。
愛車ブリジストンモールトン。もちろん、カープの赤ね〜

去年は10月の終わりだったんですが今年は半年早まりました。
今年10月には今治をスタートする記念大会がありますので時期をずらしたようです。
が、なんといっても台風も来ない、暑いけれどもカラッと爽やかな梅雨入り前のこの季節が最高でしょう!
今からうずうずするのぉ〜、と言いたいところなんですが、全然走れてない〜。
もともと寒い時期にわざわざ自転車なんかには乗らない主義でして、「暖かくなったら」とか「4月になったら」
とか言っとったんですが、4月に入っても一向に乗らん。
わしを自転車から遠ざける最大の要因は…。

カープ

そう、われらが広島東洋カープ。もはや「赤い狂信者」と化したわしとしては、
首位(16日時点。たぶんこれがアップされる1週間後も大丈夫じゃろうとは思いますが)をひた走るカープに連日熱狂。
もちろんスタジアムへも通い詰め、勝てば祝勝会負ければ反省会と称した飲み会の嵐。
結局寝不足のまま翌日を迎え、お昼ごろ「おはラジ」終わって家に帰ればベッドにばたんキュー。
貴重な練習時間を昼寝に費やしてしまっているのです。そして夜にはまたカープ…。
この「赤い連鎖」のおかげで全然乗れておりません。大丈夫かわし?
100キロちょいと言えばそんなに長距離というわけではないのですが、
大いに不安を抱えたままのスタートとなりそうです。

ただ今回は前日の24日、プレイベントで司会を担当いたします。
スノボの竹内智香選手も来られるという事で、仕事的にはとても充実した楽しい2日間になりそうです。

2014年02月20日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


毎日寒い日が続きますのう。
アーチェリーは室内大会(18メートル)のシーズンが終わり、アウトドアシーズンへ向け練習の毎日。
今は70メートルやら90メートルの長いのを練習しとります。が、寒い…。はようぬくぅなりませんかのう。
こんな時こそランニング。
まあ、やっぱり寒いものは寒いのですがしっかり走っております。
なんたってわし、「招待選手」になったもんですから。えっへん!
今年で5回目を迎える「呉とびしまマラソン」が23日に開かれます。
蒲刈町「県民の浜」をスタートゴールとするハーフマラソン、つまり21.1キロの大会です。
きょう、わしのところに呉市から書類が届きました。

駐車証には「招待選手」、そしてゼッケン番号は特別にラジオ周波数の「1350」です。テンション上がるわ〜♪ 
「何で?」と思われるかもしれませんが、今回の大会、呉市観光課さんから話がありまして、
開閉会式・お楽しみ抽選会の司会兼出場選手となったのです。
話をつけたのが「三原の鉄人」として知られるトライアスリート、福元哲郎さん。
わしの友人でもある彼が(勝手に)話を進めてくれたおかげでこういうことになったのでした。
ランニングは趣味、というより人生の一部と位置付けているわしとしても嬉しい話で
喜んで引き受けさせていただいた次第です。
ただもともとレース志向ではないわし、せいぜい「ひろしま国際平和マラソン」で10キロを仲間と走る程度のもんです。
それが初のハーフマラソン、というわけで不安もあり。
ま、瀬戸の多島美を楽しみながらのんびりジョギング気分で…
いや、やっぱりひーひー言いながら必死こいて走るような気がします。
大会に参加される皆さん、一緒に楽しみましょう!

5月25日には「しまなみ海道サイクリング尾道大会」が開催されます。今回もわしは司会兼参加。
去年は東広島市での「板鍋山登山マラソン」もやっぱり司会兼選手だったので、
これからカラダ張った仕事(まあ趣味なんじゃけどね)が増えてくるような気がします。
まだまだ若いモンには負けんでぇ〜!!

2013年11月14日

a
【担当アナウンサー:本名 正憲】


秋のスポーツシーズン、毎週末にいろんなイベントがありました。

10月27日には尾道は向島をスタート・ゴールとするサイクリングイベント、
「しまなみサイクリング尾道大会」が開催、開会式の司会ならびに出走してきました。

その前の週には対岸の愛媛県今治市でも大会があったのですがこちらは大雨。
ちなみにわしは仕事のため参加を見送っていました。

で、尾道大会、去年に続いて見事な秋晴れのもと、
各コースの参加者はしまなみ海道をのんびりと、
人によってはガンガン楽しんでおりました。
もちろんわしはのんびり派であります。110キロ、楽しかったなあ!

さらにその次の日曜日、11月3日には「ひろしま国際平和マラソン」が開催され、
雨の中1万2千人が思い思いのペースで楽しみました。
これ読んでいる方の中にも参加された人がおってじゃと思います。

で、こちらも去年に続いてスタート前のゲストランナー紹介セレモニーの司会につづき、
参加者として10キロ走りました。
雨で体が冷えましたが、混雑の中なんとか47分台でゴール。
まだまだ50分は切り続けたいですね。

てなわけで、趣味と実益のふたつのイベント、ご報告でした。

2013年07月18日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


62年(もちろん西暦)生まれの私、青春時代はまさにディスコ全盛時代でした。
火付け役となったのは映画「サタデーナイト・フィーバー」の大ヒットですね。
いまだに「おお、フィーバーしとるじゃん」なんていうオジサンもちらほら見受けられます。
サントラを彩ったビージーズはその後もヒットを飛ばし続け、ポール・マッカートニーやブロンディ(懐かしー)など
畑違いのアーティストもその影響を強く受けたものでした。

大学に進学し、遊び上手な友人に連れられて通ったのは歌舞伎町のディスコ。
そこで初めて聞いたのがクインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」でした。
これは衝撃でしたねえ。
そのカッコよさ、渋さ…。
いまだにしょっちゅう聞きますがやっぱり自分にとって最高の1曲、というと迷わずこの曲を選びます。
それぐらい好きですねえ。
その後もクインシーはマイケル・ジャクソンのプロデューサーとして数々の名曲を連発、
まさにポップス界の巨人となるわけです。

そのクインシーが広島に来る!。
そうです、8月3日の「エターナル・ピース・コンサート」。
チケットが先ほど届きました。
見てみると…、おおっ、結構前の方じゃ〜ん。
パティ・オースティンもビッグバンドも来広ということで、
これは「愛のコリーダ」のみならず「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」とか「ソウル・ボサ・ノヴァ」とか、
名曲の数々がナマで聴けるんでしょうねえ。

今からホント、楽しみだなあ。
ワシにとってまさに神様、いやそれ以上の存在かもしれません。
こんな日が来るなんて思ってもいませんでしたわ。
というわけで喜びのあまりまとまりのない日記で申し訳ありませんでした〜。

2013年03月18日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


一つのものにハマるととことんまで突き詰めようとするこの探究心。
アーチェリーもリオ五輪に向けて順調に練習を積んでおります(笑)。

今回ご紹介したいのが、もうひとつのライフワーク、「広島激辛つけ麺」です。
お好み焼きと並んでいまや広島のソウルフードの地位を確立しつつあるこの食べ物。
冷やし麺の上に大量の野菜、それを唐辛子の効いた辛いタレでいただくというもの。
市内にはいろんなお店がありまして、それぞれ特徴があるのですが、私がよく行くお店は中区のチェーン店。

辛さが自由に選べます。
当初は15倍とか20倍(これでもかなり辛目と言われます)だったのですが
去年の夏頃から30倍を超え、秋頃には50倍の壁も突破。
いまや100倍がデフォルトとなりました。
因みにそのお店のバッケンレコード300倍の記録も持っておりまして、未だに破られておりません。
そう、つけ麺はスポーツなのです!
誰かこの私に挑戦するものはいないか〜(マジで)

以上です。
写真は私がいつも食べる 野菜超大盛り、麺なし、100倍です。
null
つけ麺いうても野菜を食べに行っております。

2012年11月08日

null
【担当アナウンサー:本名 正憲】


ランニング、ロードバイク、テニス…やたらカラダを動かしたがる私でございますが、
実は以前からずーっとやってみたかったことがあります。
それはアーチェリー
映画『ランボー 怒りのアフガン』でシルベスター・スタローンが
ソ連軍の武装ヘリを弓矢でやっつけちまうというトンデモなシーンがありますが、どうもアレが原点のようです。
かっこいい。あれぞ男の中の男。わしもゼヒやってみたい…。
結婚してすぐそのことをチラリと言いますと、「これ以上道具増やさないで!」とカミさんに釘を刺され、
以来アーチェリーのことはすっかり心の片隅のまた隅に追いやられておりました。

あれから20年以上、このたびのロンドンオリンピック女子団体、メダルを決めた早川選手の10点射シーンが
繰り返し放送されるたびに、片隅の隅からまた「アーチェリーしてみたい願望」がじわじわとこみあげてきたのです。
で、そのことをふとフェイスブックにつぶやいたのは今年の7月終わり頃でしょうか。
人のつながりというものは凄いもので、それを目にしたフェイスブック友達で「RCCアナウンスアカデミー」で
私の講座を受講していた生徒さんからすぐにメッセージが入りました。
「私の高校時代の恩師は今、県立広島工業高校アーチェリー部の監督をしている戸田敦大先生です。
先生に連絡するのでゼヒはじめてください」
後で知ったのですが戸田先生、あの94年広島アジア大会の日本代表選手で、41歳の今も現役で活躍する
トップアーチャーのひとり。41歳にしてアテネオリンピック銀メダルに輝いた「中年の星」こと山本博選手の
大学の後輩でもあります。
思えばすごい師匠につくことができたもんですが、その時は全然知らなかったんですな。
ともあれその後すぐに戸田先生自身からもメッセージが。
「まずは県工で体験試射してみませんか」
とのお誘いです。ええっ?まだこっちは始める踏ん切りすらついていないのに〜
と戸惑いつつも、県工を訪ねたのが8月の23日。残暑厳しい木曜日の夕方でした。
とりあえずテンション軽めの弓を手にしてイケメンの部員君にイロハを教わり、
1メートル先のタタミに向かって射ったのが最初の一矢。

以来時間があるときは県工に出かけ、借り物の弓で練習を重ねるようになりました。
今では仕事が終わって会社近くのグリーンアリーナ弓道場で楽しんでおります。
もちろんまだキャリア3か月未満、戸田先生など先達に教えを乞うている状態ですが、
冬のインドア大会出場を目標に頑張っております。
写真1
静かな弓道場でひとり30メートル先の的に向かい、姿勢をただし、呼吸を整え、
静かに弓を持ち上げ、それをゆっくり降ろしながら左右に「引き分ける」…。
サイト(照準器)をチェックし、右手をリリース。
「ブンッ!」という弓の音に続きちょっとの間のあと「パーン」と的を捉えた音が響く…。
もうたまらんです。快感です。全然真ん中には当たらんのですが、今はそれが本当に面白いのです。
やってみればわかります。
飛び道具なので安全には細心の注意を払わねばなりませんが、それはゴルフとて同じ。
ただどこにでもショップや練習場があるゴルフと違い、アーチェリーに興味を持った人がいても、
どこでどう始めたらいいのかわからないというのが現状でしょう。
戸田先生も裾野を広げようと、いろいろ県工の練習場を使って一般の人向けに初心者講習会などを開催しています。
文字通り50の手習いで始めたばかりの私も微力ながら、お手伝いできればと思っています。
皆さんも、気軽に始めてみませんか?
写真2
ちなみに究極の目標は国体出場(大真面目)。でも広島は日本一のアーチェリーどころでして、
国体に出ようと思ったら、なんとオリンピック日本代表を二人倒さねばならんのです。
そう、エディオンの菊地選手、そしてデリカウイングの石津選手。
さらに今年の岐阜国体でなんと並み居る強豪を抑えて優勝した佐伯中学校の3年生 河田悠希選手など
新たなるライバル(笑)も出現。
よろしい、束になってかかってきなさい!