Skip to main content.

2017年04月13日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


東広島は西条に行ってきました。
お花見に行くつもりがまだ桜が開花しておらず、何となく西条に立ち寄ったという程度ではあったのですが・・・。

東広島は、子供が小さい時は「憩いの森公園」でデイキャンプをしたり、道の駅にドライブがてら行ったり、ゴルフ場も、もちろん空港はよく行ったけど、意外と西条駅前は行ったことがなかったんですよね。

今回改めて訪ねてみると・・なんか落ち着いた雰囲気でよかったですね。去年竹原の街並み保存地区に行った時も思ったけど、年を重ねたせいか、石畳や格子、白壁といった昔の日本の街並みがしっくり体に沁みこむようになってきたのかも知れません。

西条といえば、日本の銘醸地のひとつですよね。
まずは酒蔵通りをプラプラすると赤レンガの煙突。おお!これはまさに西条のイメージ通りの風景。そして結構洋風の建築物があっておしゃれです。
20170413-170413_1.jpg

酒蔵通り沿いにある蔵元では日本酒の試飲もできるのですね。
普段日本酒にあまり縁がない私ではありますが、建物に入るとほのかに甘く芳醇なお酒の香りに誘われます。
広島のお酒は軟水で仕込まれるため「女酒」と言われるのだそう。
試飲している人が・・いるなあ。外国の方々も結構日本酒を楽しんでいる様子です。私の知り合いの日本酒好きの人はよく西条に行くと言っていましたが、これは行くわ・・。

そしてかつて大名などが宿泊した広島藩最大の「御茶屋」です。
20170413-170413_2.jpg
近くには「美酒鍋」が食べられるレストランがあり、そして路地裏に入っていくと古民家を改装したシフォンケーキが美味しいカフェもあります。
少しタイムスリップしたような街並みをゆっくり散歩するのはなかなかよいものです。
20170413-170413_3.jpg

今回は何の計画性もない「プチ散歩」。
でも、気持ちも安らいで何だか得した気分になりました。

2016年12月08日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


クリスマスが近づくと蘇る悲しい思い出があります。

子供にとってクリスマスは年末最大のイベント。ご多分に漏れず幼少の頃の私も毎年24日を楽しみにしていました。
しかし、3歳の時はいつにも増してクリスマスが待ち遠しくて仕方ありませんでした。
それはどうしてもサンタさんにお願いしたいプレゼントができたからです。
それは「ブタの貯金箱」。
過去の記憶を辿って描いてみると・・・
20161208-161208_1.jpg
あれ?なにか違うな。
・・・とにかく、たぶんお店に売っているブタの貯金箱の可愛らしさに一目ぼれをしたのだと思います。

それから毎日のように私はサンタさんに「ブタの貯金箱が欲しい」とお祈りしました。
そして親からも「お祈りが届くといいね」と言われ、日に日に期待は高まっていくのでした。

そして迎えたクリスマスの日。
なんと枕元に待望の「ブタの貯金箱」が届けられていたのです!
記憶を辿ってもう一度描くと・・・
20161208-161208_2.jpg
こんな感じだったと思います。

私は飛び起きました。
この喜びを誰かに伝えずにはいられません。
その時母親はベランダで洗濯物を干していました。私は貯金箱を抱え一目散に母親のところへ走っていきました。
「見て!サンタさんから贈り物が届いたよ!!」と言った私の手から貯金箱がポロリ。
何とブタの貯金箱はセメントに叩き付けられ、粉々に飛び散ったのでした。

幼少の時のこのショックは私の人生における最初の記憶として留まることになるのでした。
可愛かったなオレ。

2016年08月10日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


前回「手作り餃子」を掲載したところ、各方面から「一体どこへ向かうつもり?」という疑問をぶつけられました。

しかし、今回も全く懲りることなく、テーマは「男の手作りカレー」です。
材料は、ドン!
20160810-160810_1.jpg

さあ、料理開始です。我が家のカレーの特徴は玉ねぎをたくさん使うこと。
今回は2個に留めましたが、時には4個使うこともあります。
ただ、玉ねぎは泣けるよね〜。
20160810-160810_2.jpg 20160810-160810_3.jpg

そして、この玉ねぎを焦がさないように、でもしっかりと炒めることが大事。
この作業を怠ると全くコクのない、深みのないカレーになってしまうのです。
20160810-160810_4.jpg

にんにくや生姜の刻んだものと一緒に30分は炒めたでしょうか?
フッフッフッ、いい感じになってきたぜ!!
あとは鶏肉とざく切りしたトマトにカレー粉、水を入れてコトコト煮ること1時間半!
おおー!芳しきカレーの香り!
20160810-160810_5.jpg

さっそく盛ってみましょう!良いのではないの?
20160810-160810_6.jpg

では、いただきます!
夏のカレー、最高だね!カレールウから作るのとは全く違ったお店風のカレーが出来上がり。
もう少しコクが欲しいかな。
よし、次はもっと玉ねぎを炒めるぞ!!
20160810-160810_7.jpg

2016年04月14日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


手作り餃子に挑戦してみました。
と、言っても今回は2回目。前回は水餃子だったので、この日は焼き餃子を作りました。
写真

手作り餃子ですからもちろん皮から作りますよ。
こねては寝かせ、こねては寝かせと4回繰り返すので結構時間はかかるのです。
写真

そして最後の仕上げ棒を使って皮を広げるのですが、市販の皮のように丸くはできません。
楕円になったり、アメーバのように様々な方向へ広がったり、なかなか言うことを聞いてくれません。
写真

でも、何とか具も詰めてじっくり焼くこと20分!
お、なんだか美味しそうじゃないか!!!
見た目は良くないけど、これが意外といけるのです!
写真

モチモチの皮が香ばしく焼けて、水餃子も良かったけど、焼き餃子はさらに美味しいかも!
餃子が思いのほか大きくできてしまったけど、これは男の料理としてご愛嬌。
う〜ん、才能あるかも・・・俺。

2015年12月17日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


私、入社して27年目にして、初めてドラマ出演することになりました。
なんと私の分の台本まであるのです!
20151217-151217_1.jpg
「セレンディピティ物語」というドラマで、大阪から九州まで4局ネット。西日本進出です。
私の役どころは、タレントのうえむらちかさん演じる主人公が務める旅行会社の社長です。
な、なんとセリフもちゃんとあるのです!!20ページ中のわずか1ページではありますが・・。 
20151217-151217_2.jpg
演技なんてしたことないし、セリフを覚えるのも大変。
撮影1週間前から連日家に帰ると鏡の前で演技の練習。恥ずかしいので妻には黙ってコッソリ練習していましたが、一人部屋に籠ってブツブツセリフの練習をしている様は異様に見えていたかも知れません。

そして撮影当日。
現場に行くとチーフディレクターから「社長役の長谷川さんです」とスタッフに紹介され、みなさんから大きな拍手。「おお〜、なんだかドラマの現場に来た感じがする〜!」
まずマイクを見えないように仕込むのに時間がかかって緊張。
思いの外たくさんのスタッフに囲まれて緊張。(ドラマってたくさん人がいるのね)
そしてリハーサルでうえむらさんの小さな顔についた大きな瞳を見つめた時点で緊張から額には汗。メイクさんが「汗拭きましょう」と気にしてくれます。が、汗をかかないようにとプレッシャーがかかれば、かかるほど汗が噴き出す始末。

様々な重圧を感じながら、さあ本番!
1回目はセリフは言えたものの、ぎこちなかったらしくもう1回。
息を整え、渾身の演技(自分なりに)・・・今度は大丈夫・・・監督さんから「OK!」をもらいます。
「いや〜、よかった。終わった」と思ったら、ドラマってカメラが複数あるので色んな角度から何回も録るのですね。もう1度最初からうえむらさんだけを撮影したり、私の動きを録ったり・・。
30分ほどかけて撮影を終えると、スタッフのみなさんから「お疲れ様でした〜」と大きな声、そして拍手。私の目にも涙・・まではなかったですが、でも何だか感激。清々しい時間を過ごした感じがしました。

私の渾身の演技も見ることができる「セレンディピティ物語〜新しい自分に出会う旅〜」は12月28日深夜25:35〜です。見たら全面カットされてたとかないよね〜。

2015年08月27日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】


まだ暑いですが、季節は変わろうとしています。
今年の夏は何も思い出らしい思い出もなく、何となく終わりそうだったのですが、
先日貴重な体験をさせてもらいました。

8月21日マツダスタジアムで行われた広島カープVS巨人戦。
そう、雨のため2度の中断が入るなど時間が伸びて、終了時間は日付が変わって0時21分となったあの試合・・・
実況してました。

嫌な予感はあったのです。
実況の資料を作ろうとしたらパソコンが言うことをきいてくれないし、
もう一人の実況担当が一柳アナウンサー。
球界では前田健太投手が雨男として知られていますが、
アナウンス界では、一柳アナウンサーが雨男として知られています。
今年実況担当日に3度も雨で試合が中断しているのです。
試合前に一柳アナウンサーに「天気、大丈夫なんだろうな?」と確認したら
「雨呼びましょうか?」なんて冗談言うから・・。

試合が始まれば、原監督が三振の判定に抗議したり、
阿部選手の2ベースを審判団がVTR判定したりと、
とにかくゲーム展開はゆったり。
そこへ激しい雨!!
20150827-1440228959049.jpg

解説は高橋建さん。
雨で中断中にはペナントレースの展望や大リーグの話などしてもらいました。
とはいえ限界があります。何しろ2度目は1時間近くも中断したのですから。
私も最後は言うことがなくなり
「今日スタジアムに来た人は貴重な夏の体験をしたということですね〜」
などと口走り、高橋さんを苦笑させたのでした。

2015年04月30日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】



20150430-150430_01.jpg広島からバスに乗って4時間弱。人生4度目のしまなみ海道を渡って、高知に行ってきました。
JR高知駅すぐ近くのバスターミナルに到着。
高知駅の駅舎は2008年に出来たばかりで個性的。屋根は地元の杉から作られていて鉄骨(チタンなのかな)と木が一体となった独創的な形でした。



20150430-150430_02.jpgそして高知といえば、坂本竜馬ぜよ〜!ということで駅前には銅像が。
真中が坂本竜馬で右が中岡慎太郎、左が武市半平太だそうです。武市半平太も銅像になっているっちゅうんは土佐の人たちの勤王の志士たちへの熱い思いを感じるきぃ。



そして、夜は高知名物の皿鉢料理を堪能しました。
大きな皿に刺身や寿司などがどど〜んと並べられなかなか壮観。
これをみんなで小皿に取り分けて食べます。
言ってみれば、「バイキング」と同じ形式ですね。
土佐と言えば、カツオぜよ〜!と意気込んでカツオを食べていたら、やたらと地元の人が勧めてくれたのが「チャンバラ貝」。


20150430-150430_03.jpg

調べるとこれはマガキガイとも言うそうで、身の一部が刀の柄に似ているからチャンバラという名前につながったとその人は教えてくれましたが、諸説あるようです。


とにかく高知は暑かった。高知の人に言わせると、夏の日差しは尋常じゃなく、すぐ日焼けしたいなら高知に来たらいいぜよ〜ということでした。

2013年11月01日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】


世のお父さんの多くが、息子が成人したら一緒に盃を交わしたい。
ちょっと大人の悩みなど打ち明けられてみたい。
などと考えているのではないでしょうか。

私もその一人。
決してお酒が強い訳ではありませんが、人からお酒を頂いたりすると、その思いは募るばかり。

結構高価なお酒も揃い、東京に行った息子の帰りを待つのみ。
ところが、肝心の息子が帰郷しても、家に寄り付きません。
ほとんど友達と出歩く毎日。
この夏休みは体調を崩したとかで、家では全くお酒を口にすることはありませんでした。

image

お〜い、いつまで待たせるんだ〜というお酒たちの声が聞こえてきそう。
かと言って今更ひとりで飲むのも悲しい。

せめてお正月までは待ってみるか。

2013年07月12日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】


「こんにちは。メロン王国の長谷川です。」

写真1

どうしたことか、我が家に続けざまにメロンが届けられ、
「盆と正月が一遍にきたような」というより「夕張メロンと静岡メロンが一遍にきたような」
いや
「ような」というよりまさに来た訳で、長谷川家は空前絶後の狂喜乱舞、
アベノミクスばりのハセノミクスに沸いております。

写真2

反感を買うでしょうね。
こんな写真を載せたら。

反感を買うでしょうね。
「メロンでお腹いっぱいになったことありますか?」と聞いたら。

ま、冷静に考えると、メロンが届いただけで1週間ご機嫌でいられるわけですから、
メロンの威力って凄いですね。

2013年03月07日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】


話は少し古くなりますが、先月のバレンタインはチョコを食べ過ぎて、体中に糖分が充満しました。
私がモテモテでチョコをたくさんもらった!!というような自慢話ではありません。

今、女子高生たちは「友チョコ」流行。
我が娘もバレンタインの前日に、せっせと20個もの手作りチョコを作っておりました。

仕事から私が帰ると、「友チョコ」を綺麗にラッピング中。
横目でその様子を眺めている私にも「おこぼれ」を渡してくれました。
まあ、くれるだけでもいいかと思っていると、お小遣いでちゃんと父チョコも用意してくれていたのです。
何ていい娘に育ったのだろうと密かに感激した次第です。

そしてバレンタイン当日。
「友チョコ」を渡した娘にはちゃんとお返しが。
テーブルには花が咲いたようにスイーツがてんこ盛り。どれも手作りなんですね。
しかし、さすがに娘一人では大量のチョコを食べきれません。
従って家族も一緒になって食べるのですが、妻も娘も早々にギブアップ。
どれも工夫がしてあって贅沢ではあるのですが、一度に食べるとなるとそれはそれで大変!
3日に分けて食べ終わった頃には、体中甘い血が流れているのではないかと思うぐらいでした。

まもなくホワイトデーがやってきます。
ホワイトデーは女子高生的にはどうなるのか!?
またまた、嵐のスイーツ交換会がおこなわれるのか?
戦々恐々としながら娘に聞くと、何のイベントもないとのこと。
ホッとするのと同時にちょっぴり寂しさも・・・・。

2012年10月25日

null
【担当アナウンサー:長谷川 努】


年を重ねると初めての体験が少なくなります。ただ、いくつになっても刺激は必要。
嫌なことでなければ、どんどん初体験はしたいものです。

私個人の今年度初体験2位は「ドラゴンフルーツを食べた!」です。
・・・小さい・・・。
解説・安仁屋宗八さんに頂き食しました。
南国の果物ということで、かなり独特の風味。家族全員で驚きながら食べました。

そして、27日に第1位となるであろう大きな出来事が起きようとしているのです。
それは「ヘリコプターに乗る!!」です。・・少し大きい。
社歴20年を超える私ですが、ヘリコプターに乗ったことはございません。
今度27日に放送される特番のオープニングで私がヘリコプターに乗って上空からレポートするのです。

小さい頃からジェットコースターは苦手。というよりブランコでさえ苦手な私。
どうにも縦の動きに耐えられない体質なのです。
私のスタッフへの訴えは聞き入れてもらえません。
大体「初めてですか?いいっすね〜」とニヤつく彼ら。決死の覚悟で乗って参ります。

初ヘリの感想はまたいずれ報告します。