Skip to main content.

2017年01月05日


【担当アナウンサー:青山 高治】


今年こそは焦らず心穏やかに過ごしたいと毎年思っているような…。

アナウンサーという職業柄、無意識のうちに時間を気にしているかもしれません。それも秒単位で。

放送で喋り終える時は残り時間を調整しなくてはなりません。
例えばラジオのニュースで最後に
「以上、中国新聞ニュース、この時間の担当は青山でした」
という言葉は普通に話せば4秒以内で入ります。
テレビの生放送で
「それではイマなまっ!また明日です」
と終える時は2秒かかりません。

とにかく時間をちゃんとコントロールしなければならない…という普段のプレッシャーからか(都合のいい言い訳ですが)、集合時間などにはつい遅れてしまうことがあります。

今年こそはバタバタと時間に追われるのではなく余裕を持って行動する大人の男になりたい…そんな願いを込めて…
元旦4時に起床!
初詣は宮島!
目指すは弥山からの初日の出!
予定時刻は7時16分!
結果は…。

大行列の末、ロープウェイに乗り込んだのが7時16分45秒…。
満員のロープウェイの中で初日の出のあたたかいオレンジ色の光に包まれるという、ギリギリ間に合わない1年のスタートとなりました。
しかし放送では時間通りキッチリとお送りしますので今年も担当番組
テレビ「イマなまっ!」、ラジオ「金曜ビート」をよろしくお願い致します。

もちろんこの原稿も〆切の数時間前にギリギリで書き終えました(笑)。

2016年09月01日


【担当アナウンサー:青山 高治】


よく「アナウンサーの皆さんの飲み会って楽しそうですね」と言われることがあります。
確かにおしゃべり集団で盛り上がりそうな感じがしますよね。

しかし実際はアナウンス部の飲み会自体があまり行われません。
暑気払いや新年会などはなく歓送迎会ぐらいなんです。
なので最近集まったのは今年入社の伊東平アナの歓迎会ぐらいですね。

その理由としては…基本的に仲が悪い。ウソです(笑)。

本当の理由は…
・打上げや忘年会などは担当している各番組でやることが多い。
・基本的に全員声が大きく、よく通るのでうるさい。
・飲み会のトークが盛り上がってくると、なんだかアナウンサー同士で番組をやってるみたいな雰囲気になり、結果仕事モードで少し疲れる。
などが挙げられますが、部で飲み会が少ない一番の原因はそれぞれの勤務時間が合わないということでしょうか。

RCCアナウンス部の一日は「おはようラジオ」の本名アナの出勤から始まります。
出社時刻は早朝4時半。
そこからウサイン・ボルト並みのスピードでその日の朝刊全紙に目を通して本番を迎える訳です。

そして日本全国8時になった頃にやってくるのが「ごぜん様さま」チーム。

そしてラジオで子供たちが作文を読み始める9時半にやってくるのが「イマなまっ!」の僕と泉水アナです。
だいたい僕が3分前の9時27分頃に、泉水アナが3分遅刻の9時33分頃に出社します。
番組でコンビを組むパートナーとして自然にプラスマイナス3分の誤差を調整しているんですね(笑)。

この時間からは出勤ラッシュです。
ニュースやCMを読む日勤担当のアナウンサーが10時や10時半にやってきて、
「ニュース6」の小林・中根・河村のキャスター組は基本的に11時出社。

その頃には本名アナが帰宅準備。

午後になるとカープの全試合を実況するスポーツアナウンサーが中継や取材の準備のために会社に来てはすぐにマツダスタジアムに…。

一般的には「あと少しで今日の仕事も終わりかな…」という午後3時、出社が一番遅い夜勤のアナウンサーがやってきて一番遅いラジオニュースを担当してアナウンス部の一日が終わっていきます…。

もちろんこの他にも取材、ロケ、出張などがありますし、休みが取れない時もあれば、何もない平日が連休になったりとか、とにかくみんな勤務形態がバラバラ…
しかも予定が分かるのは約2週間先までなんです。

そんな中で仕事と休日のバランスを取らなければならないアナウンス部の勤務表はまるでパズル…
それを組み立て管理するのがアナウンス部長の長谷川アナです。
先日その長谷川アナがポツリと呟いたのを僕は聞き逃しませんでした。

「その日は…アナウンサー全員出勤だな」

その日…もうすぐ25年ぶりにやってくるその日。
RCCアナウンス部の皆さん!広島カープの優勝は目前です。
最高の笑顔で出社して歓喜の涙を流しながら働きましょう!

ちなみに長谷川アナが「その日は…アナウンサー全員出勤だな」と覚悟したのは今年2度目です。

1度目のその日は…5月27日。

オバマ大統領が広島を訪問した、あの歴史的な1日です。

そして5月27日は広島県警にとっても一番長い日となりました。
僕がナレーションを担当した
証言ドキュメント「広島県警のいちばん長い日」もうひとつのオバマ訪問記』が、
今週末9月4日(日)の深夜0時50分から放送されます。
是非ご覧下さい。

以上、壮大な前フリからの番組宣伝でした(笑)。

2016年05月06日


【担当アナウンサー:青山 高治】


新緑の5月、本当に緑がきれいな季節ですね。
実は…かつて僕は…この広島の緑を守っていました!

学生時代に経験した数々のアルバイトの中で、短期間ですが深く印象に残っているのが「緑地帯の散水栓を開閉して回る」という仕事です。

普段何気なく生活しているとあまり意識はしませんが、緑の植え込みがある道路や歩道って多いですよね。雨が降らない時期でもキラキラと輝く緑…一体誰が水をやっているのかというと、担当する業者さんが真夜中に作業をしているんですね。

その手伝いをするアルバイトが僕は大好きでした。
仕事は夜9時集合。その日に散水する緑地帯に向かい軍手をはめ植え込みの中に顔を突っ込み蛇口を探します。そして蛇口をひねると植え込みの中に通っている一本の長いホースに開けられた小さな穴からチョロチョロと水が出てきます。その水の出具合をちょうどいい感じに蛇口で調整して前半の仕事は終了です。
こうして数か所の散水栓を開けて回った後は、折り返しです。午前1時頃から開けた順番に閉めていきます。すると一か所につき3〜4時間は水やりが出来たことになります。そして早朝5時に「今日も広島の緑は俺が守ったぞ…」という心地よい満足感と程よい眠気の中で仕事終了です。

20年以上前の話なので現在は仕事内容やシステムも変わっていると思いますが、今でも広島の街を歩くと「昔、水をやったあの植え込み…今日も元気そうだな」と懐かしく愛おしく思えるのです。祖父が大工で父が建具という職人の家系で、なぜかアナウンサーになってしまった僕ですが、自分の仕事の成果が日々暮らす街の中に存在しているって、かっこいいなぁと思うんですよね。

2016年01月21日


【担当アナウンサー:青山 高治】


2016年を迎え「今年は映画館で映画を50本は観よう!」という目標を立てました。
記念すべき1本目に選んだのは…「妖怪ウォッチ」でした(笑)。
仕方ありません…冬休み中の子供たちを連れての家族サービスです。

心地よいシートに腰掛けポップコーンを頬張りながら、「子供たちはスクリーンに夢中だから、こっちは眠くなったら昼寝だな…」と、ぼんやり予告編を観ながら睡魔の訪れを待っていた瞬間…

「タカハル!消滅か⁉」

と映画館ならではの大迫力のナレーションが響き渡りました。
ちょっと寝ようかな…と思ったぐらいで自分の名前を呼び捨てにされ「消滅か⁉」と叱責されたことに激しく動揺しながら、一体何が起こったのかと急いでスクリーンを見つめるとイケメンの青年が仲間たちに呼びかけていました。

「タカハルぼっちゃんを助け出さないと…」
いやいや呼び捨ても抵抗あるけど、もうすぐ44歳になるおじさんに「ぼっちゃん」はないだろう…と恥ずかしがっていると、「タカハルって…パパの名前を言ったよね…」と、うちのぼっちゃんたちが笑いながら話していました。
「ひょっとして自分が知らないうちに『イマなまっ! 劇場版』が制作されていたのか…」と、少しだけ主演の自覚が芽生えてきたところで謎が解けました。
いきなりスクリーンで暴れまわるスーパー戦隊の姿…「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の予告編だったのです。 

その主人公アカニンジャ―の名前が「伊賀崎 天晴」。
天晴と書いてタカハルと読むのです。ゴレンジャー、ジャッカ―電撃隊、バトルフィーバーJ…
かつて自分が夢中になったスーパー戦隊シリーズに自分の名前が…
しかもリーダーにだけ許される色「アカ」を演じるヒーローだなんて。
子供の頃、戦隊ごっこで「青山は青山だからアオレンジャーな!」とずっと決めつけられ、「理不尽」という言葉の意味を周りの誰より早く理解していたあの頃のタカハル少年に教えてやりたいと思いました。
なんだか嬉しくなり「面白そうな映画じゃないか…公開されたら子供たちを連れてきて観てみるか」と完全に予告編に釘付けになっていると、最後のナレーションが大音量で流れました。

「さらば…タカハル…」

えっ⁉どうなるの?タカハル、どうなるの?

もはやおじさん一人でも映画館に行く覚悟です。
気になるなぁ…。
(同じ名前と分かってもまだテレビでは見たことありません。日曜の朝7時半はRCCで「がっちりマンデー!!」で決まりです…笑)

2015年09月24日


【担当アナウンサー:青山 高治】


一番好きな野菜は「オクラ」です。
そして一番嫌いな言葉は「オクラ」です。

「オクラ」つまり「お蔵入り」の略。業界用語では何らかの事情で映画や番組が上映・放送されないことを言います。
ネバネバで美味しい野菜のオクラに対し、ネバーネバー放送がないという番組のオクラはとても悲しいものです。だってせっかく作ったのに…。

今年の春から日曜夕方4時に放送していたラジオ「青山高治のベストヒットDNA」は60分収録の音楽番組ですが、いつ放送があるか分からない…いつ出会えるか分からない…黄色い新幹線みたいな番組でした。

なぜなら日曜4時といえば…広島カープの全試合をゲームセットの瞬間まで熱く完全中継するRCCラジオにとって、かなりの割合でデーゲームと重なる時間帯です。
しかもデーゲーム中継がなかったり早く終わったりで「今日は4時からベストヒットDNAがあるかな…」と思っていると全然違う番組が流れていたりします。
実は前日の土曜のカープナイターが長引いて放送されなった番組が放送される時間でもあるんですね…ということで「青山高治のベストヒットDNA」は収録したけど放送されずお蔵入りとなった回が存在します。
そしてこれだけは言わせて下さい…この幻のオクラの回が一番面白かったはずだと(笑)。そしてカープにDeNA戦でもっとベストヒットを打って欲しかったと(マジ)。

一番好きな食べ方は「生野菜」で、一番好きな仕事は「生放送」です。
この秋から昨年に続き音楽情報大喜利番組「金曜ビート」を担当します。毎週金曜の夕方5時47分から7時までの生放送です!
生放送ですからお蔵入りはあり得ません!
10月2日金曜日スタートです。お楽しみに!

…と思ったらこの日はマツダスタジアムで中日戦ですね。
番組がなくてもいいから勝って欲しい!
その2週間後の10月16日金曜は番組のスタンバイはするけどオクラになって欲しい!
広島カープがクライマックスファイナルステージを戦うラジオ実況をリスナーとして聴きたいのです…FM94.6MHzのクリアな高音質で!
(放送されなかった番組の愚痴を書いていたら自然とRCC−FMの宣伝になってしまうところに自分のラジオ愛を感じました…笑)
とにかく…頑張れカープ!それ聴けカープ!

2015年05月28日


【担当アナウンサー:青山 高治】


テレビ「イマなまっ!」を担当してから早8カ月…。
ありがたいことに「見てるよ!」「頑張ってるね!」「泉水さんのファンです!」など、よく声をかけてもらいます。
ただ一つ…全く予想していなかった反応がありました。
しかも老若男女問わず、いろんな人から言われた言葉…。
「料理が上手くなったねぇ!」
いやいやいや!全然上達してないし!というかそもそも料理してないし!

「イマなまっ!」のコーナー「楽うまクッキング」で、料理を教えて下さる先生のアシスタントをしています。
ここで僕の一番大切な仕事が「右から来たものを左へ受け流す」ことです。先生は僕の右側にいるので、当然コンロやまな板も右側にあります。
ポイントを説明し手際よく調理を進めていく先生に相槌をうちながら、食材が入っていたパッドや調味料を分けておいた小皿など、もう使わないキッチン用品をそっと右から左へ移動させる…。
すると僕の左側はテレビ画面には映らないので、コンロやまな板周りはいつもきれいに片づいている…ということです。

この片づけがさりげなく手際よく出来るとちょっと自分でも嬉しいんです。そして自分もまるで料理をしているような…いやひょっとしてオレ料理が上手いんじゃないかな…この長身を活かして高い所からオリーブオイルでも振ってみようかしら…そんな気になってくるので不思議なものです。人生がときめく片づけの魔法ですね(笑)。
まぁ本人も勘違いするぐらいですから、テレビを見ている人も「料理上手」というイメージを浮かべてくれるんですかねぇ…。

手元でプロの技を披露しながら口元では分かりやすく説明して下さる料理の先生に比べたら、簡単で単純な作業なんですが、時には「右から来たものを左へ受け流した後に、『レンジで加熱したものがこちらです』とか『30分経ったものがこちらです』など、左で差し替えたものを右へ受け流す」という高等テクニックもあります(笑)。是非この辺りにも注目して「イマなまっ!」をご覧ください。では今日も右から来たものを左へ受け流してきます。いつか「片づけが上手くなったねぇ!」と声をかけてもらえるように…。

2015年02月05日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


初めて映画を観たのは…尾道の駅前松竹で観た「ドラえもん・のび太の恐竜」かな…
いや歓楽街にあった映画館、千日前で観た「東映まんがまつり」の
紙でできた帽子を喜んでかぶっていた記憶も確かにあります。

大人の付添なしで初めて子供だけで行ったのは「機動戦士ガンダム」。
あんなに楽しみだったのに同時上映の狼男の映画「ハウリング」が怖かったことしか覚えていません。
「E.T.」や「南極物語」など大ヒット作品は福山まで観に行くしかなかったのも、いい思い出です。

レンタルビデオ店でアルバイトをしていた大学生の頃、一日5本ぐらい映画ばっかり観ていた時期があります。
B級ホラーなどほとんど内容を忘れてしまった作品も多いですが…。
でも同じ頃、鷹野橋のサロンシネマでフィルムマラソンを観た後の疲れ切った身体で電車を待つ早朝の空気は、なぜかよく覚えています。

「やっぱり映画は映画館で観るもんだ…」と当たり前のことを強く実感したのは、
去年の2月、大好きな映画館のひとつ横川シネマで観た「ラジオの恋」でした。
既にホールでのイベント上映、自宅でのDVD鑑賞と2回も観ていたのに…
本当に驚きました。何倍も良かったのです。
映像や音響はもちろんですが、周りのお客さんと一緒に集中して観る、あの緊張感も含め…映画館の持つ魔法みたいなものを感じました。

特に良かったのが…です。
吉田、小林、田口、泉水と多くのRCCアナウンサーが出演している中で、主演の横山雄二アナウンサーに振り回される後輩のアナウンサー役という、一切役作りがいらない芝居を自然体で演じきっている僕の出演シーン(数秒)は、助助助助助助助演男優賞モノだと思います。
自分へのご褒美として叙々苑で焼肉をごちそうしたいぐらいです。

そんな「ラジオの恋」が2月28日から今度は「広島バルト11」で上映されるのが楽しみで仕方ありません。
美味しいポップコーンを食べながら観る僕…
同時上映の「矢沢永吉 The Live film トラべリン・バス」と一緒に観る僕…。
「ラジオの恋」と「バルト11」がまた新しい魔法をかけてくれそうです。

というより魔法みたいなストーリーはもう始まっているのかも…。
去年の広島での5週間の記録的なロングラン、海外の映画祭出品・受賞ときて、2月21日からは新宿武蔵野館を皮切りに神奈川、大阪、福岡、大分、宮崎と全国順次公開…TBSラジオでは告知スポットがガンガン流れ、これまでに配られたチラシは5万枚だそうです。
いろんなもの飛び越えて広がっていく…この感じは、映画だけが持つ魔法。

この春「ラジオの恋」は全国の人々をきらきらさせるはずです…。
そして今回の「広島バルト11」はまさに地元での凱旋上映、どうぞお見逃しなく。

特に僕の出番は一瞬なので、本当に見逃さないで欲しいと思います。

2014年10月02日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


これまでの人生で一番人から褒められたもの…それは声だと思う。

中学2年で声変りをして自分では嫌で嫌で仕方なかったこの低い声を、
「高治君は、いい声になったねぇ!アナウンサーにでもなればいいのに」
と褒めてくれた叔母の一言は、僕の「自分の声に対する嫌悪感」を少し軽くしてくれ、
僕に「数年後にこの言葉を思い出しアナウンサーという職業を意識して就職活動を始める…」
という魔法をかけてくれた。

その後も高校生の時に大好きだった女の子に
「高治君は好きな女子に告白する時は…絶対に電話にした方がいいよ!絶対に!」と、この声を褒められたし、
ラジオのイベントなどでお会いしたリスナーさんからも
「なんか…ラジオで声から想像していたイメージと違いますね…」とか「青山さんは…とにかくラジオ向きですね!」など、
いつも声を褒められる…たぶん褒められてるはずだ…ねぇ褒められてるよね?

そんな声しか褒められた経験のない僕だが、先日自分の新たな魅力に気づくことができた…オシリだ。
この秋リニューアルしたテレビ「イマなまっ!」で僕に素敵な服を準備してくれるスタイリストの女性が、ホワイトジーンズを試着した僕のヒップラインを見て、「青山さん…オシリがきれい」と、ため息を漏らしながら呟いてくれたのだ。
人生初!オシリを褒められた!この美尻はぜひ放送でご確認下さい。

新たなスタートを切った「イマなまっ!」をよろしくお願いします。
視聴者のシリたい情報を、イマ!なまで!お届けするケツ意です。
いや…やっぱりオシリよりを大切にします。
あなたの声が聞こえる番組を…
自分の声で伝える番組を…作っていきたいと思っています。

2014年06月05日


【担当アナウンサー:青山 高治】


イベントの司会や講演会など、放送されていない状況で喋るのが…
どうも、何というか、その…恥ずかしいんです(笑)。

そんな僕が今度講演会をすることになりました。しかも母校、尾道市立栗原小学校で…。

6年生の児童や保護者の皆さんの前で、「自分が小学生の頃の話をして欲しい」とのことなんですが、
究極に恥ずかしい時間になりそうです。
何より実家から徒歩3分の距離の母校で話すのが、ホームなんだけど近すぎて気持ち的にはアウェイな感じです(笑)。

いろいろ思い出すと、
「家と小学校が近いために緊張感にかけ、ランドセルを忘れたり、トイレをもらしたりした」、
「小学校の目の前で車に轢かれて救急車で運ばれたことがある」、
「実家が建具店のため小学校でガラスが割れたりなんかすると父親が直しにきていた」、
「6年間、かけっこや徒競走は常にビリ」
…など、何の役にも立たない恥ずかしい話しか出てこないんです。

先日母から「講演会のポスターを見たよ。写真もカラーで大きなポスターよ!」というメールが届いた時には、
恥ずかしさがピークに達し、一瞬気を失いそうになりました(笑)。

でも…ありがたい名誉な話です。
そして学級委員や児童会副会長をした時に「人前で話す気持ち良さ」を経験して、
アナウンサーになる種みたいなものは、確かに栗原小学校時代にあったと感じています。
講演会当日は「元気!笑顔!空まで届け 栗っ子パワー!(今年の運動会のテーマ)」で頑張ります。
卒業以来、約30年ぶりに「栗っ子」になってきます。

2014年02月27日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


大学時代以来、約20年ぶりにバンド活動をしています。
僕はヴォーカルとギターを担当し、「ルースターズ」や「はっぴいえんど」など日本のロックを演奏するバンドです。
そう…「ロック」です。「ロック」とは音楽のジャンルではなく、生き様や精神です。
つまり「ロックな気持ち」になることが大切なのです。

昨年末バンドにとって2回目のライヴがありました。
市内のライヴハウスで出番はもちろん夜…やっぱりロックは夜です。
しかし準備には時間がかかります。正午からスタジオで最後の練習があります。
当然練習に向かう前の午前中は家の風呂掃除や洗濯物干しなどでウォーミングアップ…
こちとら休みに丸一日家にいないのです。客をのせる前に妻をのせることも忘れません。
いざロックな気分で大きめのサングラスをかけて練習に行こうとすると、妻から
「立川談志みたいだから止めた方がいい」と言われます。
シド&ナンシー、ジョンとヨーコ…伝説のミュージシャン達も恋人の意見は大切にしていたはず…と思い、
そっとサングラスを外して出かけました。

2時間のスタジオ予約を「ギターを弾く指が痛くなる」「体力を残しておきたい」「おなかが減った」などのロックな理由で、
早めに1時間くらいで切り上げるあたりは平均年齢44歳のバンドにしか出せない余裕です。
その後ライヴハウスに向かいリハーサルを済ませ本番までの数時間、最終ミーティングをかねて食事に行きました。
ジャックダニエルのロックでピザなどジャンクフードを流し込むつもりが、気がつけば「立ち食い寿司」に入り生ビールで乾杯をしていました。魚介を生で食らう…実にロックです。
全員が軽く酔ってきた絶妙なタイミングでドラム担当のリーダーが一言メンバーに声をかけます。
「味噌汁いる人、手ぇ挙げて!」…もちろん全員の手が挙がります。バンドが一つになった瞬間でした。

そして迎えた本番…。歌詞を忘れ演奏も間違えまくる僕の前に、本来なら寝る時間の7歳の息子と4歳の娘が
ステージ最前列で爆音に耐えながら下を向いて卑猥な歌詞を聴いている…という拷問のような時間が過ぎていきました。
家に帰ると妻が言いました。
「時間も遅いし、音も大きいし、子供の成長が心配になるから今度の発表会(…妻は僕のライヴのことをこう言います)にはもう連れていかんね…」。いつの時代も大人達は眉をひそめる…それが「ロック」なんですね。

2013年10月24日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


食欲の秋、実りの秋・・・ですね。
今回は秋の味覚の話です。

先日、RCCアナウンス部で女子アナウンサー達が楽しそうに話をしていました。
吉田幸アナと泉水はる佳アナ、そして田口麻衣アナの3人です。

田口「幸さん、○○○なんですか?」
田口「泉水ちゃん、○○○なんだぁ!」

会話の中心は田口アナのようです。
そしてまた吉田幸アナに話しかけようとした田口アナですが、
後で泉水アナにも話をふるつもりだったのでしょう・・・吉田幸アナに向かって・・・

田口「…で、幸水!」

と呼びかけました。すかさず吉田幸アナが一言・・・
「あたしゃあ梨か!?」
と、浅香光代さんばりの素晴らしいツッコミを入れていました。

秋ですね・・・僕も大好きな梨の季節になりました。
この週末は、おいしい秋の味覚と、おかしい言語感覚の田口アナが、
ひろしまフードフェスティバル」で皆様をお待ちしております。

27日(日曜)午後1時からは広島城北堀ラジオステージで、
たくさんのアナウンサーが出演する「よってらっしゃい見てらっしゃい」という
公開生放送もありますよ!

2013年06月27日


【担当アナウンサー:青山 高治】


「RCCラジオのテレビCMが出来ました!」という話を、
こうしてHPの「アナウンサー日記」用に書いていると…「メディアって何!?」と思ってしまいます。
ややこしい話ですが…ラジオ番組のCMがテレビで流れています(笑)。

もうご覧いただけましたか?
RCCラジオの人気番組
「おはようラジオ」「ごぜん様さま」「日々感謝。ヒビカン」「バリシャキNOW」がテレビCMになって只今放送中です。
日常のラジオの生放送の風景に、何かが起こる!おもしろCMとなっています。
まだ観たことない!というあなたは…RCCラジオのバナーをクリック!(←このセリフが言ってみたかった…笑)

★人気ワイド番組 テレビCMギャラリー

僕の担当している「ヒビカン」では、ラジオの生放送中にドクターとナースが乱入し僕を診察し、
結果として僕は点滴を受けながら、それでもリスナーからのメールを読み続ける…という内容のCMです。
ボツにはなりましたが他にも「番組を進行するアナウンサーの男女がケンカになりお互いコップの水をかけながらも、音声だけは楽しく生放送している」というパターンや、「生放送中のスタジオに募金箱を抱えた子供達が丁寧にお辞儀をしながら入ってくる」というアイデアなど、遊び心に溢れた楽しいCM撮影でした。

そして先日。
「ヒビカン」のパートナー田口さんと、今度はテレビのスペシャル番組「音楽の日」のラジオCMを収録しました。
ラジオの世界では普通CMは20秒が多いのですが、この「音楽の日」CMは120秒もある大作でした。
…といっても二人でいつもど〜りゆる〜く喋っているだけですが(笑)。

ラジオのCMをテレビで!
テレビのCMをラジオで!
とくれば…あとは…
あなたのCMをRCCで!
スポンサーの皆さん、お待ちしております!よろしくお願い致します!

2013年02月28日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


今回は何について書こうかな・・・と過去の原稿をチェックしていて・・・愕然としました。
約1年前の「アナウンサー日記」に僕はこんなことを書いていたのです・・・。

〜〜 今年の自分のテーマは「健康的な生活」なんです。
ホントに体を鍛えようと思っています。
今も「どんな競技にしようか?」「どこのジムに行こうか?」など考えている最中です(つまり考えてるだけの人ですね)。
スポーツを始めるきっかけは本当に大切だと思います。
昔からスタートでつまづいてきました。
子供の頃から運動音痴でかけっこは常にビリ・・・見かねた親がスイミングスクールに通わせるも、
車酔いが激しく行きのバスでダウンしプールまで辿り着けなかったし・・・
柔道を習わせようとしたら準備運動の腕立て伏せが嫌で見学15分で逃げて帰ったり・・・。
なので今回は慎重にきっかけをつかみたいと思います。
まずはランニングが趣味の本名アナウンサーの尾行から始めますか(笑)。
う〜ん・・・絶対に追いつけそうにないな! 〜〜

・・・という内容でした。
あれから1年・・・何一つ行動を起こさず、まだ身体を鍛えようと考えている最中です(笑)。
それどころか全くベクトルの違うインドアな目標を立ててしまっている自分にビックリしています。
今年の目標は「週1本のペースで映画を観る!」です。
なんとなく掲げたテーマですが、腹筋も腕立ても三日坊主で終わるのに対し、こちらは今のところ順調にクリアしています。

2013年がスタートして現在9週目・・・観た映画は
「ステキな金縛り」「マチェーテ」「ONE PIECE STRONG WORLD」「127時間」
「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」「おだやかな日常」「宇宙人ポール」「キサラギ」
「ONE PIECE film Z」「生き抜く」「ダイハード ラスト・デイ」の11本です。

あきらかに子供につきあって観たものや取材用に試写会で観た作品もありますが、
やっぱり映画って本当にいいもんですね!
今後は上映中に椅子からお尻を浮かせて空気椅子の状態で身体を鍛えながら観ようと思います(笑)。

2012年10月18日

null
【担当アナウンサー:青山 高治】


今月でRCCは開局60年。
僕は1994年の入社ですので18年目…。
1972年生まれで今年40歳になったから、定年までは後20年かぁ…うん?ということは
入社してから今までよりも、今から定年までの方が長い!ってことですね…頑張ります!

先日「RCC開局60年特別番組 ひろしまテスト王決定戦! 5時間どど〜んと生放送 フードフェスティバルに広島家族。大集合でがんす〜!!」という恐ろしく長い(笑)番組タイトルの番宣CMを収録しました。

黒板の前に予備校の講師のような服装のアナウンサーが立ち…
青山高治「RCCが何の略かなんて、関係な〜い!」
石田充「観るか観ないか…そんなこと考えてる時間がもったいない!」
田口麻衣「この番組が5時間あるって事を、何度も言っておきます」
と次々と登場した後…
あの「東進ハイスクール」のCMでおなじみの林修先生(本物)が現れ…
林先生「じゃあ…いつやるか?…10月27日でしょ!」
と、本家と同じドヤ顔(こちらから強くお願いしました…笑)で決めるという内容です。

いやあ…目の前で本物を見ることが出来て興奮しました。
このCMはもう放送されていますが、ぜひ観ていただきたいです。
もちろん当日まで番組も覚えておいて下さいね!
アンガールズさん、西田篤史さん、杉原杏璃さん、そしてRCCアナウンサーも多数出演のお祭り番組です。

タイトルは…
RCC開局60年特別番組 ひろしまテスト王決定戦! 5時間どど〜んと生放送 フードフェスティバルに広島家族。大集合でがんす〜!!」。
コピー&ペーストって本当に便利!って感動するほど長いタイトルのこの番組を、よろしくお願いします!