Skip to main content.

Archives

This is the archive for February 2017

2017年02月27日


【担当アナウンサー:小林 康秀】


先日、昔の仕事仲間から連絡がありました。
「解説の廣瀬さんのボードを持っている知り合いがいるんですが、ご本人が希望されるなら渡したいとのですが、問い合わせてもらえませんか?」
???
ボードって?なんだろう???

スノーボード?サーフィンのボード?
もしかして廣瀬さんが発明した石膏ボード?(もちろんそんなものありません)
???

去年カープを引退し、新しくRCCプロ野球解説者に加わってくれた廣瀬純さん。
今は沖縄キャンプの取材をされているころだとおもいます。

その廣瀬さんに渡したいボードとはいったい…。


実はそのお知り合いは、大のカープファンなのですが、
由宇練習場で廃棄処分するために置かれている、ある木材に目が止まったそうです。

それは…。
由宇練習場のスコアボードに掲げる名前のボード。

ちょうどそこに置いてあったボードに書かれていたのは、「廣瀬」という名前でした。
20170227-170227.jpg

以前の由宇練習場のスコアボードは、手書きされているボードが掲げられていました。
白いペンキで、太目に書かれた「廣瀬」という看板が、
処分されそうになっていたのです。

カープで一時代を築かれた廣瀬純さん。
しかし怪我や不調の時もありました。
2軍で調整している時をずっと見守っていたスコアボード「廣瀬」
それは廣瀬さんを見守るように、使い続けられました。

ボードを救い出さなければ。
頼み込んで何とか譲ってもらったそうです。

しかし、それを自分が持っていていいのだろうか。
廣瀬さんに届けた方が良いのではないか。

それで知り合いのつてをたどって、私に連絡が舞い込んできたのです。

この知らせを喜んで聞いた廣瀬さん
是非受け取りたいとのこと。

都合が合わず直接の受け渡しはできませんでしたが、
大きな名前のボードは、本人の元に届きました。
お返しに身に着けているものと、サインが。

そのボード、
今ではご自宅の玄関を入ったところに、まるで表札のように置かれているそうです。

2017年02月17日


【担当アナウンサー:坂上 俊次】


さすが、競技人口4億5千万人のスポーツ。2ポイントシュートもあれば、3ポイントシュートもある。
ペナルティーで1点のケースもある。選手の意思と判断次第で、3点を狙うこともできれば、2点を取りにいくこともできる。
あらゆる状況から、3ランホームランや2ランホームランが生まれ、自ずと逆転に次ぐ逆転の展開となるのだ。
しかも、10分の4クオーター制。90分少々で試合の決着がつくわけだから、週末の予定と組み合わせも抜群だ。
この競技の魅力を広めようと、広島でも多くの関係者が奮闘してきた。
日本リーグや、NBLの試合の誘致、手弁当での運営や応援、3ON3のイベントも行われてきた。
かつて3ON3のイベントで広島にやってきていたのが、全日本の中心選手としても活躍した佐古賢一氏である。
呉ポートピアのイベント会場で時間を共にしたのが、かれこれ約10年以上前のことである。
その佐古氏がドラゴンフライズの初代ヘッドコーチとなり、裏方として奔走していた西明生氏がGMを務めている。
そして、ドラゴンフライズはサンプラザに4500人の観衆を集めるチームになった。
そんなことに思いを馳せていると、コートを見ながら、涙しそうである。
いや、それはいけない。バスケットボールのスピード感はそんな「感傷」すら待ってくれない。
是非、競技の魅力はホームコートである広島サンプラザで、チーム誕生の物語は拙著『優勝請負人2』でお読みいただきたい。

20170217-image1.jpg20170217-image2.jpg


2017年02月09日


【担当アナウンサー:吉田 幸】


いよいよ私たちRCCアナウンサーが小学校や保育所、幼稚園にでかけ読み聞かせを行う取り組みが始まりました。
第一弾が先日行われ、広島市立上安小学校と広島文教女子大学の常設オープンスペースすずらんひろば高陽に中根アナ、伊東アナ、私の3人でかけてきました。
どちらも「当たった!」と大変喜んでいただき、私たちもとても嬉しかったです。
手作りのポップを作ってくださり、恐縮する場面もありました。
子どもたちと触れ合うのは楽しいこと。
だけど、時間は限られているし、その中で絵本をいくつか紹介し、しかも、RCCのことや私たちの仕事についても少し知ってもらいたい。
いろんな気持ちが混じる時間になりました。

20170209-image_1_pc.jpg

0歳から3歳までの子どもと7歳の小学生では理解度が違います。
違う本を選ぶことになるのですが、不思議なことに、同じ作品でも十分伝わるようなものもあるんです。
母となり12年。これまでの読み聞かせが仕事でも役に立ちました(笑)

絵本に向かう子どもたちの真剣でキラキラした瞳が忘れられません。
20170209-4-3.jpg

次回の読み聞かせは6月を予定しています。
年度が変わってしまいますが、ご応募をお待ちしています!


この頃、県外への取材出張が増えてきた私。
あちこちの深い文化を知ることができて楽しく過ごしています!
そして、なぜか、橋を渡ることが多いのです。
ちょっと休憩の途中に。。。撮影したものをいくつか。
20170209-5-3.jpg
しまなみ海道 来島海峡大橋

20170209-6-3.jpg
関門海峡大橋 この時は、朝7時で朝もやの中での撮影でした。

明日のランキンランドは、愛媛県松山市!
20170209-7-3.jpg
午前10時5分からです! ぜひご覧ください。

2017年02月03日


【担当アナウンサー:石橋 真】


2月1日にプロ野球の春のキャンプがスタートしました。

キャンプは始まったばかりですが、
あっという間に、オープン戦の時期がやってきて、
3月31日のペナントレース開幕の日がやってくるのだと思います。

ペナントレースのスタートと同時に、
今年もRCCラジオではカープの試合を連日中継する予定です。
地元のマツダスタジアムだけでなく、
ビジター球団への球場へも、
カープサイドのリポーターとして各アナウンサーが交代で乗り込みます。

これまで、各球団が本拠地として使用している球場はもちろん、
それ以外の地方球場へも数多く行く機会がありました。

地方球場へ向かう途中で、携帯電話のカメラで撮った写真を、ちょっと紹介します。

まずは、こちら。
【写真1:ながのけん】
実に、きれいな風景が広がっています。
これは、長野オリンピックスタジアムで行われたカープ戦の出張の際、
JR中央本線の車窓から撮った1枚です。

名古屋から、『特急しなの』に乗車。長時間、電車に揺られながら長野県の北部を走っている際に、「こちらの風景は、日本三大車窓の一つです」というような車内アナウンスが流れ、特急は徐行し始めました。
写真を撮ったのは、9月初旬。夏から秋へと季節が移り変わろうとしている時期でした。この日は晴天で、田畑の緑が本当に鮮やかでした。

続いて、こちら。
【写真2:ぎょうざぞう】
栃木県宇都宮市の清原球場へ行った際、宇都宮駅前にあった石像です。
餃子で有名な宇都宮市だけに、一見、単なる餃子の石像かと思いましたが、
顔と手と足があるのにビックリしました。
ビーナスが餃子の皮に包まれている『餃子像』だそうです。
高さがおよそ2mなんだそうですが、実際はかなり大きかったです。

今年も各地を巡る中で、どんな風景が見られるのか、出張の楽しみのひとつです。