Skip to main content.

2016年12月01日


【担当アナウンサー:石田 充】


2016年もあと1か月となりました。
日本シリーズや優勝パレードなどカープ熱が11月上旬まで続いただけに、あっという間に12月という感覚です。

振り返れば、4月26日の神宮球場。
2000安打を達成した新井選手にマイクを向けた際、締めくくりにファンに届けた「最後の最後でみなさんと一緒に笑顔になりたいと思います!」でした。

それが現実となったのが9月10日の東京ドーム。
黒田投手が先発し、新井選手がウイニングボールをつかんで優勝を決めました。

黒田投手も新井選手も、FA移籍会見で涙するほど“広島愛”に満ち溢れた男です。
それでも2年前までこの2人がカープのユニフォームを着ていることすら想像できませんでした。
それが、揃って中心として活躍し、優勝決定ゲームで胴上げ。こんなストーリー、出来すぎです!!!
ちなみに私は4人兄妹ですが、私を含め3人が東京ドームに集結!広島愛のあふれる一家です。唯一、来られなかった妹は、翌日球場で優勝記念Tシャツを1時間半行列に並び買ってくれました(^^)

そして…忘れられない背番号15。
日本シリーズ第3戦で実況していましたが、ベンチに下がりダメかと思っていた中で、戻ってきた時の姿。投球練習をする様子。最後まで投げようとした男気…一生忘れません!
日米で203勝を挙げ、ユニフォームを脱いた黒田投手。
これだけ実績を挙げた選手でも「きょうの登板が終われば、次の登板にむけて準備するだけ。気の休まることはない」と身を引き締め、不安を払しょくするために変化を受け入れ、それをさらなる成長につなげていました。

新井選手も、40歳を前にして3割100打点でMVP獲得。
何歳になっても成長できる。それを結果で証明してくれました。

一方、カープパレードから20日後の11月25日。
広島愛に満ち溢れた男が、この街を去る決意を固めました。

サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手です。
名古屋への移籍を発表した会見ではなんども広島を「大好きなチーム、大好きな街」と語り、広島で生まれ育った自身の子どもたちを「羨ましい」と話すほどでした。(佐藤選手自身は埼玉出身)

それでも、移籍を決断した理由。
自身の立場、広島の抱える世代交代問題、名古屋の置かれた状況など、ひと言では語り尽くせない様々なものが絡み合った中で、このセリフが胸に響いたそうです。

『やらなかった後悔は、やってないから悔いが残る。やった後悔は自分で受け入れられる』

それを自分の「わがまま」とも表現しましたが、現状からの変化を求める決断をしました。

私と同じ現在34歳。もうトップアスリートの中では“ベテラン”と言われる世代です。
それでも「(今も)不安があるから成長できる」と、今回の決断をさらなる飛躍につなげようとしています。

先日、そんな佐藤寿人選手とトークショーでご一緒しました。
身長はプロフィール上170僂里箸海蹇∨榲は169.5僂箸いθ言に沸き、身長の方は伸びなかった事実を明かしてくれましたが、そんなの関係なし!
“小さくても勝てる長所”を自ら作りだし、J1・J2で200ゴール以上を積み上げてきました。
来季ユニフォームは赤くなりますが、これからもレジェンドプレーヤーとして応援し続けたいです。

それにしても、この土地にいるトップアスリートから感じる広島愛の大きさと、いつまでも成長しようとする姿勢には頭が下がります。

さあ、広島にとって2017年はどんなシーズンになるのか?
カープもサンフレも長年チームを支えた伝説的なプレーヤーが抜けますが、新たな顔が生まれることも楽しみにしたいと思います!!

2016年11月24日


【担当アナウンサー:橋本 裕之】


先日ふるさと・京都に行ってきました。
もう広島に住んで36年の長きになるため、故郷とは言え、今では「帰る」ではなく『行く』という感覚の方が正しいかなと思っています。

今回行ったのは「保津川 (ほづがわ) 下り」です。
この川下りは、京都市の北西部『亀岡』から京都の名勝『嵐山』まで、保津川を舟下りする約16キロ2時間弱の旅です。
四季折々の峡谷の風景と、時に激しい川の流れや水しぶきにスリル感じながら自然を楽しめます。
(写真1)
この日は、天気が良く風もあまり吹かず、絶好のコンディション。
併せて紅葉・黄葉・常緑樹が青空に映えて非常に見事なコントラストを描き心を奪われました。
(写真2)
ところがもっと心をつかまれたのは、3人の船頭さんのサービス精神でした。
操船は3人が役割分担し、20分程度で持ち場を回しますが、メインの漕ぎ手が最も重労働です。
にもかかわらず、漕ぎ手になった人が、3人3様それぞれトークで笑いを取り、客を和ませてくれました。
(写真3)
例えば「この鳥はカモ。向こうにいるのがサギ。カモがいるからサギ(詐欺)もいるんですよ。意味わかりますか。」
船上は大笑い。
大ウケで気を良くした船頭さん。
勢いがついて「寒い人いませんか?寒かったら船頭変わりますよ。すぐ体が温かくなるから」
・・・こんな具合です。

船頭さん3人が トークの腕前を競うかのように、乗船客を笑わせ、和ませてくれます。
やっぱりここは関西。笑わせて“なんぼ”なのでしょうか?
本当は、漕ぐだけで相当な体力を消耗します。
冗談を言う気になど なれないだろうと思うのですが・・・
お陰様で2時間弱の川下りは、見事な紅葉と流れのスリル
そして想定外の話芸を堪能し、あっという間にゴールの嵐山に到着しました。

船頭さんたちのサービス精神とプロ根性に脱帽。
そして大いに刺激を受けた秋の一日でした。

2016年11月17日


【担当アナウンサー:伊東 平】


アナウンス部に来てから約半年が過ぎました。先月無事正社員になれました。ありがとうございます。

しかし、まだスタートしたばかり。一年目は毎日が学ぶことだらけ。

先輩に毎日ご指導していただいております。勉強、勉強。

そんなアナウンス部に…奇跡が!
20161117-161117_1.jpg

なんとアナウンス部の人口密度が!高い!!
実はこれはかなり珍しい光景。
月の地球周回軌道と気象条件などが織りなすスーパームーンに匹敵する現象です…たぶん

何故か?

アナウンス部の皆さんは取材やロケで出ていることも多くて普段はこんな感じ。
20161117-161117_2.jpg

とにかく人がいないのです。

あるとき長谷川ANが「全然人いないでしょ〜、だから俺がお留守番しないといけないの。」

…部長、ありがとうございます!!!

そんなこんなで、私も最近外に飛び出る機会が増えました。

そうです。伊東にも初の担当コーナーができたのです。ジワッ

それは「伊東平の選手サイン列伝!!」
サインのおいてあるお店を取材して、広島のスポーツ熱をお伝えするコーナー!なのです。
(アポ、取材、編集も自分ひとりでするので、勝手に武者修行の旅と呼んでいます。)


口コミや情報をもとに、色々なところへ。

古希目前の仲良しご夫婦が営む懐かしいカレー屋さん
カープを愛する町の中華屋さん
男気あふれる大将のすきしゃぶと鉄板焼きのお店

初めて会って人に話を聞く。これがとっても難しい。けど楽しい!

これからもどんどん飛び出して、いろんな人に出会って素敵な話を聞き出したい!

そのためにもしっかりと武者修行してまいります!!

それにしても寒くなりましたね。雪国信州出身だからと、広島の晩秋をなめておりました。
最近、リアルはなたれ小僧です。皆様もご自愛してくださいね。
20161117-161117_5.jpg
広島に来て、初めての冬を迎えようとしています。

2016年11月10日

null
【担当アナウンサー:一柳 信行】


11月の中旬になりました。カープの41年振りの優勝パレードが終わり、湧き上がった広島の街も少し静けさが戻ってきました。
RCC中がカープに夢中になっていた10月、野球好きの社員達にとって1年に1度の大イベントがありました。この日記を何度も読んで下さっているあなたなら、もうおわかりでしょう。
そうです。JNN中四国野球大会です。

今年は山口県防府市での開催。広島市内からも車で約1時間半で到着するので、かなり近い。
野球勤務シフトに当たらないことを神に祈りつつ待った結果、幸運にも見事にクリアー!。
数日前から風呂上りのストレッチを再開し、スパイクとグローブの手入れ。もう心はすっかり野球少年。40代だけど。

なのにである。当日は朝から土砂降りの雨。急遽、雨用のグローブをバッグに入れ替える私。後輩と一緒に高速道路で向かう車窓からの景色は、もう絶望的。
中止と読んだ私は、防府を通過してイッキに下関の唐戸市場に行き、美味しいお寿司を食べに行くプランを提案。車中はすっかりその気になってアゲアゲテンション。
「スシ!スシ!」。「ふぐ!ふぐ!」。の大連呼。急に楽しいドライブに変わったのです。
もう頭の中からは完全に野球のことは抜け落ち、食の妄想だけが膨らんできた。

そして近づく防府東IC。ここで降りずに本当に下関まで行くべきか?
しかし、運悪く?ワイパーフル稼働で凌いでいた雨が小降りになってきた。
判断を鈍らせる状況だ。もしも試合があった場合、仲間に迷惑をかけてしまう。
う〜ん、決断出来ずに走ること数キロ。野球を取るべきかスシを取るべきか・・・。

その時南西の方向から見えたのは、僅かながらの青い空。
「中止はない!」
左にハンドルを切った私達の車は、とめどなく流れていた唾液を飲みこみ、防府市内の会場へと急いだのでありました。

着くとビックリ。以外にも水たまりが少ない。聞いてみると、ホスト局のテレビ山口の皆さんが早朝から水取りをしてくださっていたとのこと。
しかも1時間遅れで始められそうだという。下関まで行かずにおいて良かった。

さてさて、肝心の試合ですが、まずは私の写真を1枚パチリ。
20161110-161110_1.jpg
守備では最後までノーエラーで、足を引っ張らずに済んでホッとしました。
しかし打つほうは、これがサッパリ。
半年前マスターズ甲子園の県予選で私の見逃し三振で試合終了になった反省から、ストレート1本に絞って初球から振り回す私。
長打でも打てたら「覇気を出して打ちました!」と仲間に答える気満々でしたが、相手投手は野球経験者。見事に見透かされていました。
左腕からのカーブ攻めにあった私は、剣もほろろ状態。でも仲間が奮闘し、試合は快勝。

その後は昼食タイム。野球部長との1枚をパチリ。
20161110-161110_2.jpg
スシじゃなかったけど、大変美味しくいただきました。用意してくださったテレビ山口さんに感謝。

続いて行われた第2試合。これまた相手投手は野球経験者で、今度は右の速球派。
ストレート1本待ちで振るのですが、足元からバウンドするファールばかり。
捕手に聞いたら「ツーシームです。」との応え。
その後もインサイドへのシュートと速球攻めにあった私は、結局ノーヒット。今でも左手首が痛い。
安仁屋さんにシュートの打ち方教えてもらっておけばよかった・・・。
しかも試合は1点差での惜敗。優勝を逃してしまった。

そして迎えた夜の懇親会。
負けた悔しさを究極の笑顔に変えて、テレビ山口さんの若い女子アナの手を握りたがる
うちの若い野球部員。

さらに、やけ食いに走る若手野球部員。
20161110-161110_4.jpg
あ〜ぁ、Very CarpのTシャツが泣いている・・・。
でも愛社精神に溢れる若手野球部員に、どうか神の御加護がありますように。
こうして山口での夜はふけていったのでした。

2016年11月02日


【担当アナウンサー:横山 雄二】


おかげさまで、今年4月からスタートしたテレビ「カンムリ」が好調だ。
ちょっと風変わりなバラエティ。昭和の香りがするバラエティ。
これまでのゲストも個性的。
AV界の巨匠・村西とおる。
セクシー女優蒼井そら。
AV男優・しみけん。
国民の愛人・橋本マナミにリトル清原。

企画物も、浅草のストリップ劇場ROCK座に潜入。
週刊文春編集部へ殴り込み!
崖っぷち芸人の「カンムリ総選挙」などなど…。
もう平成の番組とは思えない。優等生の番組ばかりが横行する中、業界に風穴を!の意気込みでスタッフが毎回、特番を作っている!の気概で走っている。

そんな「カンムリ」が遂に福岡でOA決定。
RKB毎日放送で毎週火曜に放送されることになった。
嬉しい。こんな危ない番組を!こんな低俗な番組を!ありがとうRKB!ありがとう福岡!
これからも「この番組、なんか変!」って企画で勝負します。
いつまでも尖がった内容で楽しんで頂きます。
広島の皆さんも、変わらず金曜日深夜の「カンムリ」応援よろしくお願いします。

20161102-logo.jpg



あっ!ラジオ「ごぜん様さま」から生まれたオフィシャル本「ラヂバラ〜ごぜん様さま読本」
11月11日から発売!こちらも、お買い上げよろしくお願いします。

20161102-20161020-20161111.jpg



どちらも「ちょいエロ」です(笑)

2016年10月31日


【担当アナウンサー:泉水 はる佳】


先日10月27日(木)をもって
平成ラヂオバラエティ ごぜん様さま」が3500回を迎えました。
雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、カープが勝った日も負けた日も。
時間にすると、約12年半。
リスナーの皆さんと、朝の時間を一緒に過ごすことができました。

そこで、番組3500回を記念してこの度、ごぜん様さま読本「ラジバラ」を
発売することになりました。
いつも支えて下さっているリスナーの皆さんからいただいた、思わずお見事!と言いたくなる投稿を掲載。
普段なかなかお見せすることのないスタジオの様子や、
「バーディー」「服を着た悪意」などごぜん様リスナーだからこそわかる放送用語をまとめた、絶対知っておきたい単語辞典など、モリモリモリモリ盛りだくさんの内容に仕上がりました!

中でも特に今回力を入れたのは、グラビアページ!
ごぜん様さまメンバーの「今までこんな顔、見たことない!見せたことない!」をテーマに撮影に臨みました。

ちなみに撮影風景をちょこっとだけ。

20161031-161031_1.jpg
どうですか、グ、グラビアっぽい、ですね〜

20161031-161031_2.jpg
実は、こうやって撮影してます。
床に寝っ転がって・・・首は右!いや、やっぱり左!笑っちゃダメ!
もうちょっとこう、もうちょっとこう・・・切ない感じで!
だから、笑っちゃダメだって!
みたいなやりとりをしながら。

20161031-161031_3.jpg
アハハ!なんちゅう格好をしているんだ、あたしは。


そして、このあとも初めての連続。
「やってみたかった」を叶えていただき、よくモデルさんがやっている
髪がそよ風になびいているっていう・・・あのカッコイイ写真・・・

20161031-161031_4.jpg
そうそう、実際はこんな感じで、容赦なくドライヤーを近くから、あてたりしながらね(笑)

20161031-161031_5.jpg
ただ、出来上がった写真をモニターで確認し、みんな一斉に
「おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

どんな写真に仕上がったのかは、是非「ラジバラ」のページをめくっていただき、
あなたにも「おお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」と、うなってほしい!
11月11日県内の書店などで発売です。

新しい挑戦を、続けていきます!
面白いことを、探していきます!
これからのごぜん様さまもよろしくお願いします。

2016年10月25日


【担当アナウンサー:小林 康秀】


黒田投手の引退決断のニュース。
夜間練習が始まる17時前に、チームメイトに引退の意向を伝えると同時に引退が発表されました。
20161025-161025_1.jpg

いつかこの時は来るだろうとわかっていても、何ともいえない気持ちに包まれました。
スタジオに急きょ駆け付けて下さった解説の安仁屋さんも横山さんも言葉を詰まらせました。
それにしても選手やファンに与えた功績が大きすぎる。
ここまで存在感のある人はなかなかいないですね。

でも引退とはいえ、まだ日本シリーズが残っている。
「お疲れ様」という言葉は、シリーズ後に取っておいて、最後の勇士を目に焼き付けたいですね。
20161025-161025_2.jpg

2016年10月13日


【担当アナウンサー:坂上 俊次】


出張時の手土産に大人気なのが「カープかつ」。
インパクトがある。軽い。割れない。賞味期限が長い。
取材先へ持っていくのに重宝しています。

この食べ物、カープの人気にあやかって作られたものではありません。
2005年、球界再編などで苦しむ野球界にあって、カープの人気を広めようとの崇高?な思いから開発されたのです。
だからこそ、赤いパッケージを一人に手渡すと中にはカープ印の小袋が16個。
そう、倍倍ゲームでカープのロゴを人々は目にするのです。

なんと麗しきカープかつ。
日本シリーズにも手土産として持参しようと思います。

2016年10月06日


【担当アナウンサー:吉田 幸】


勢力が大きかった今回の台風でも、大きな被害がなくてよかったですね。
もう少し、台風に警戒の時期が続きます。

くれきん団のコー隊員として、
半年前から呉市の広報番組「くれきん団と呉のお宝」を担当しています。
この番組は、呉市の各地を回ってその地域に住む人たちと一緒に、忍び寄る魔の手からお宝を守りながら、呉市のお宝や特徴をご紹介しています。
そもそも私は呉市の出身。といっても、紹介する内容は知っていたことよりも、知らなかったことや新しい呉の特徴の方が多いんです。
そして、知っていたけど、自分の目で見たのは初めてということも。

こちらは、新光時計店@呉市豊町御手洗
20161006-1-2.jpg20161006-2-2.jpg


松浦敬一さんの元には、壊れたり止まったりした時計の修理依頼が全国から届きます。
細かい仕事が好き、持ち前の器用さがこの仕事を続けられた理由だと話してくださいました。
ほとんど年中無休状態で営業されているそうです。
20161006-3-2.jpg
100年以上動き続けている時計。アメリカ製。
歌を地で行く時計は初めて見ました。いつまでも動き続けることでしょうね。

日本遺産認定!@呉市各地の11施設
20161006-4-2.jpg20161006-5-2.jpg


呉市の入船山記念館。
20161006-6-1-2.jpg20161006-6-2-2.jpg


旧呉鎮守府司令長官官舎(国重要文化財)は、洋風の建物で、ステンドグラスや壁紙などザ洋風の部屋と、壁を挟んで隣の部屋は和室になっているなど、趣深いつくりになっています。
20161006-7-2.jpg
本庄水源地堤防水道施設。明治の時代に築かれたこの堤防。美しいです。

ちりめん漁に同行@呉市海上
20161006-8-2.jpg20161006-9-2.jpg


カタクチイワシの稚魚を網で獲る漁法のちりめん漁。
まさか船に乗せていただけるとは思っていませんでした!
20161006-10-2.jpg
10隻ほどの船団で一網打尽?
20161006-11.jpg
網いっぱいのチリメンは迫力満点でした!

20161006-12-2.jpg
音戸大橋をダブルで海から。。。こんな景色が見られるとはっ。
と、あちこち出かけています。

この格好で!
20161006-13-2.jpg

呉の魅力をご覧いただけるRCCテレビ「くれきん団と呉のお宝」
放送は、毎週金曜午後6時56分からです。

2016年09月29日


【担当アナウンサー:石橋 真】


今年もRCCラジオでは、三次で開催される広島県男子高校駅伝を11月6日に中継します。
昨日(9月28日)コースの試走などのため、訪れました。
例年、レース当日は真っ赤に色づいているみよし運動公園の木々の葉は、まだ、こんな感じでした。
20160929-160929_1.jpg
ただ、コースを試走する中で、秋の訪れを感じさせる光景もありました。
まずは、こちら。
20160929-160929_2.jpg
真っ赤なヒガンバナを駅伝コースとして使われる国道375号のそばで見つけました。
さらに、こちら。
20160929-160929_3.jpg
おそらく渋柿だと思いますが、たくさんの実をつけていました。

そして、こちらは、三次市三和町敷名地区を流れる美波羅川沿いの桜並木。
20160929-160929_4.jpg
今はさすがに花を付けてはいませんが、春になるときれいな桜並木として三次の春を彩ります。『敷名の千本桜』として、「広島県景観づくり大賞」も受賞したことがある桜の名所なんだそうです。

およそ1ヶ月後のレース本番が近づく頃は、三次の秋の風物詩の『雲海』も出るようになるでしょうし、さらに、葉の色も鮮やかに色づいてくるでしょうね。

これから10月にかけて、三次には複数回訪れる予定です。少しずつではありますが、一歩ずつ秋が深まっていく様子を感じられるのではと思います。

2016年09月21日


【担当アナウンサー:道盛 浩】


皆さんは先日の大雨や台風は大丈夫だったでしょうか?
今年はなかなか台風が発生しない年でしたが、いざ発生し始めると沢山上陸するようになり困りますね。
釣り好きな方は、予定を組んでいると少しくらい荒れていてもついつい行きたくなってしまいますが、撤退する勇気も忘れずに!
で、この夏の僕の釣果はというと、これが悲惨そのもの!
まあ、好調だったことなんかほぼないんですけどね。

前回5月の日記でも書いた通り、春アオリはボーズ、チヌとシーバスをちょこちょこ釣っただけ。
その後チヌがそこそこ釣れたんですが、
20160921-160922_1.jpg
尻すぼみに。

代わって釣れだしたのはエイ!
20160921-160922_2.jpg

エイにも当たり年とかあるんですかね。去年はあまり釣れなかったのに、今年は7月くらいから目に見えて増えてきました。
人がいてもお構いなし。すぐ近くを悠然と泳いでいます。
馬力があるので小さくても大変です。毒針さえなければどうとでもなるんですがとにかく怖い。
なんとか引きずり上げて針を外すのが恐怖以外の何物でもありません。

20160921-160922_3.jpg

でかければでかいで、これまた地獄です。トビエイを引っ掛けた時は何も抵抗できず、2000円するルアーとラインを全部持っていかれました(涙)
そんな恐ろしいエイですが、それを上回る存在が!

それは、エイは食材にしか見えないと豪語する吉田幸アナ!
確かに食べると美味しいし、スーパーの売り場にもぶつ切りになったのが売られてますが、自分でさばくとか無理無理!
彼女も生きてるエイをさばいたことはないようですが、リリースするなんてもったいない、なぜ食べないのかと厳しく叱責されました。
だって生きてるんですよ。ばったんばったん跳ねてます。
どうやって絞めるのかぜんぜんわからないし、毒針の付いたしっぽの捨て方もわからない!!
エイに刺されるとどんな悲惨なことになるかは「エイ 刺される」で検索するといっぱい出てくるので調べてみてください。

でも、そんなのは大丈夫!ということらしいです。う〜ん、やっぱり一番怖いのは人間ということですか。

2016年09月13日


【担当アナウンサー:河村 綾奈】


ずっと、ずっと見たかった。
大好きなカープが「優勝」だなんて。


広島の街はどうなるんだろう。取材に出た。

試合中の本通り周辺は、ものすごい人だった。
並木通りに立っていると、左右から、そしてビルの上からも声援が聞こえる。
至る所でパブリックビューイングがされている。
20160913-160913_1.jpg


お店にあるたった数台のテレビを見るために、人がびっしり。
一球ごとに 地響きに近い歓声が上がる。熱気で汗が止まらない。ここにいるだけで心拍数が上がる。
こんなの見たことない。感じたこともない。

25年間、心待ちにした「その瞬間」に向け、ボルテージが上がっていく。


そして、優勝。
ギュッと抑え込まれていたようなエネルギーが爆発した。
歓喜に、涙に、包まれた。
そこかしこで聞こえる「おめでとうございます」の声。色んなところで胴上げ。それ行けカープの大合唱。すれ違う人とハイタッチ祭り。

夜が更けても、興奮は冷めない。
みんなが、みんなが笑顔だった。本当に嬉しそうだった。
何度涙ぐんだか、もうわからない。


私、夢をみているかもしれない。


次の日。
再び本通りに出てみると、すれ違うのもやっとなくらいの人出。
今日の試合は東京ドームであるのに、たくさんの人がユニフォームや赤い服を身に纏っていた。
20160913-160913_2.jpg

そして、ほとんどの店が優勝セール。
しかも、手書きのポスターを貼ったり、ジェット風船で「V7」と作って飾ったり、それぞれの祝い方で。
少し歩けば人だかり。また少し歩けば行列。
昨日の興奮からは少し形を変え、穏やかな喜びに包まれた熱気だった。
20160913-160913_3.jpg


「優勝」この二文字を見るのが本当に嬉しくて、此の期に及んでまだ少し信じられなくて、全てを写真におさめたかった。
歩いているだけで目頭が熱くなり、視界がゆがむ。


あぁ、夢じゃなかった。
優勝したら、街はこんな雰囲気になるんだ。みんなこんなに嬉しそうなんだ。
知らなかった。
優勝っていいなあ。
また、味わいたいなあ。


広島は、こんなにカープが好きなんだ。
スポーツってすごい。カープの力ってすごい。

性別も年齢も問わず みんなが一つになって応援し、結果に一喜一憂できることが、本当に幸せなことだと思った。


私、広島にいられて本当に良かった。
カープファンで、本当に良かった。

とても幸せ。

心から、心から、ありがとう。カープ。

2016年09月08日

null
【担当アナウンサー:田口 麻衣】


いよいよ!!ですね。


今(8日昼過ぎ)現在、M2。

なんだか皆がそわそわ。

私も、今日は子どもたちにカープTシャツを着せて登園させ、後押し。

自分自身は・・・。

2か所も蚊に刺されたほっぺたが赤くもりあがり、後押し!?

いや〜。夏の終わりの蚊は、気をつけないといけませんね。あちらも必至。
体には虫よけスプレーもできますが、顔は無理。
そもそもスプレーしてても、集まってくる。
服の上からでも刺してくる。

鈍くなったからか、気づかない間に、腕にもふとももにもふくらはぎにも刺された跡が・・・。


いやいや話がそれました・・・。

1997年に入社した私は、カープが優勝したら町がどうなるのか、放送局がどうなるのか、自分自身がどうなるのか、知りません。

その答えがわかる日は、もうすぐそこですね。

あっ、こうしてアナウンサー日記を書いている間に、アナウンス部の自席で、さらに1か所、脛を蚊に刺されました・・・。

皆さま、お気をつけくださいね。

2016年09月01日


【担当アナウンサー:青山 高治】


よく「アナウンサーの皆さんの飲み会って楽しそうですね」と言われることがあります。
確かにおしゃべり集団で盛り上がりそうな感じがしますよね。

しかし実際はアナウンス部の飲み会自体があまり行われません。
暑気払いや新年会などはなく歓送迎会ぐらいなんです。
なので最近集まったのは今年入社の伊東平アナの歓迎会ぐらいですね。

その理由としては…基本的に仲が悪い。ウソです(笑)。

本当の理由は…
・打上げや忘年会などは担当している各番組でやることが多い。
・基本的に全員声が大きく、よく通るのでうるさい。
・飲み会のトークが盛り上がってくると、なんだかアナウンサー同士で番組をやってるみたいな雰囲気になり、結果仕事モードで少し疲れる。
などが挙げられますが、部で飲み会が少ない一番の原因はそれぞれの勤務時間が合わないということでしょうか。

RCCアナウンス部の一日は「おはようラジオ」の本名アナの出勤から始まります。
出社時刻は早朝4時半。
そこからウサイン・ボルト並みのスピードでその日の朝刊全紙に目を通して本番を迎える訳です。

そして日本全国8時になった頃にやってくるのが「ごぜん様さま」チーム。

そしてラジオで子供たちが作文を読み始める9時半にやってくるのが「イマなまっ!」の僕と泉水アナです。
だいたい僕が3分前の9時27分頃に、泉水アナが3分遅刻の9時33分頃に出社します。
番組でコンビを組むパートナーとして自然にプラスマイナス3分の誤差を調整しているんですね(笑)。

この時間からは出勤ラッシュです。
ニュースやCMを読む日勤担当のアナウンサーが10時や10時半にやってきて、
「ニュース6」の小林・中根・河村のキャスター組は基本的に11時出社。

その頃には本名アナが帰宅準備。

午後になるとカープの全試合を実況するスポーツアナウンサーが中継や取材の準備のために会社に来てはすぐにマツダスタジアムに…。

一般的には「あと少しで今日の仕事も終わりかな…」という午後3時、出社が一番遅い夜勤のアナウンサーがやってきて一番遅いラジオニュースを担当してアナウンス部の一日が終わっていきます…。

もちろんこの他にも取材、ロケ、出張などがありますし、休みが取れない時もあれば、何もない平日が連休になったりとか、とにかくみんな勤務形態がバラバラ…
しかも予定が分かるのは約2週間先までなんです。

そんな中で仕事と休日のバランスを取らなければならないアナウンス部の勤務表はまるでパズル…
それを組み立て管理するのがアナウンス部長の長谷川アナです。
先日その長谷川アナがポツリと呟いたのを僕は聞き逃しませんでした。

「その日は…アナウンサー全員出勤だな」

その日…もうすぐ25年ぶりにやってくるその日。
RCCアナウンス部の皆さん!広島カープの優勝は目前です。
最高の笑顔で出社して歓喜の涙を流しながら働きましょう!

ちなみに長谷川アナが「その日は…アナウンサー全員出勤だな」と覚悟したのは今年2度目です。

1度目のその日は…5月27日。

オバマ大統領が広島を訪問した、あの歴史的な1日です。

そして5月27日は広島県警にとっても一番長い日となりました。
僕がナレーションを担当した
証言ドキュメント「広島県警のいちばん長い日」もうひとつのオバマ訪問記』が、
今週末9月4日(日)の深夜0時50分から放送されます。
是非ご覧下さい。

以上、壮大な前フリからの番組宣伝でした(笑)。

2016年08月25日


【担当アナウンサー:中根 夕希】


昨夜(8/24)、ついにカープにマジックが点灯しましたね!
25年ぶりのマジック点灯・・・
本当に歴史的なことなんだなぁと、“じーん”とすると同時に、これからどんなことが起こるんだろう?!と
ワクワクする気持ちが入り混じっています。

社内でも少しずつ雰囲気が変わりつつありますよ!
あらゆるところに、カウントダウンが・・・!

外の掲示板に・・・
20160825-160825_1.jpg

玄関・・・!
20160825-160825_2.jpg

さらに―
ここにもっ!!!
20160825-160825_3.jpg
20160825-160825_4.jpg
一柳さんもうれしそうです^^

こんな年に広島にいられることを幸せに思います。
あと残り少し・・・!
しっかり応援するぞーーー!!!