Skip to main content.

2016年07月20日


【担当アナウンサー:泉水 はる佳】


梅雨も明け、本格的な夏、到来!
この暑さに負けず、精力的に動き回っておりますよー!
おいしいものには目がない私。
今だからこその味を求めて!

出会っちゃいました、かき氷!
この夏ヒットです!
たっぷりのラズベリーのソースに、絶妙なバランスを保つ、存在感抜群のアイスクリーム!
甘酸っぱさと、濃厚なコンデンスミルクが交互に顔を出して、もう止まらない!
他に、ピスタチオとグレープフルーツの組み合わせなど、ユニークなかき氷も増えています。
この夏が終わるまでに、まだまだ味わいたいかき氷がいっぱい。
行きたいかき氷屋さんリストは、増えていくばかりです。
20160720-0720_1.jpg 20160720-0720_2.jpg

続いて、先日、東京から遊びに来た大学時代の友人を連れて、久々の山賊!
ここで、山女魚、鮎を頬張る!わんぱくに!豪快に!
みんなでわいわいしながら食べると、よりおいしい!
緑の中でいただけるのもいいですね!
20160720-0720_3.jpg

最後はオシャレに。
バーにて、「ソルティドッグ」デビュー。
しかも、この鮮やかな色!これ、スイカのカクテルなんです!
スイカをまさかこんなに大人な味わい方でいただけるなんて。
ただ形は変えても、やっぱり、スイカと塩は相性バッチリ!
この夏覚えた、新しい味でした!
20160720-0720_4.jpg

そしてこんな食べ歩きをしている私が、この夏オススメしたい、とっておきのスイーツがあります!
8月20日(土)21日(日)グリーンアリーナで行われるライフスタイル博2016の会場で、イマしか味わえないハワイの味「マラサダ」が登場します!
普段は、ハワイと横浜にしか店舗のないレナーズが広島初上陸!
このチャンスを逃さないで下さいね!

20160720-0720_5.jpg

2016年07月07日


【担当アナウンサー:横山 雄二】


アナウンス部に新人アナウンサーが入って来た。男だ!男!
嬉しい。実に17年ぶりの新卒男子アナ。伊東平。
しかし、あまりの久し振り感に、どう接していいのか分からない。
どうやら伊東は、元高校球児。そして、救急救命士の資格を持っているらしい。

で…。
一緒に野球を!

かく言うわたくしヨコヤマは、小学校中学校と県大会優勝。
高校は野球特待。残念ながら、甲子園には行けなかったものの宮崎県大会準優勝の経験を持つバリバリの野球小僧。

グラウンドで会った伊東のユニフォームの着こなしはバッチリ…。
しかし、キャッチボール…トスバッティングと、なんだか覚束ない。
「お前、野球部だったんだよね?」「はい!でも、いいたいこと分かります」
「だよね?軟式?」「いや、硬式です!」「そう…」

緊張からか、伊東のプレーに冴えがない。先発ピッチャーとしてマウンドに立ったオレの足をゆる〜く引っ張るプレー。
存在感のない打撃。どれを取っても、なんだかイマイチ(笑)

試合は後半へ。相手打線に捕まりかけた投手ヨコヤマ。
ピンチを迎えるが、そのピンチを救ったのはセンター伊東の好捕!
しかし、その瞬間、グラウンドを転げまわる伊東。
20160707-160707_1.jpg
どうやら、両足が痙攣を起こしたらしい…。試合は中断。
応急処置。動くことが出来ず、運ばれていく伊東。
20160707-160707_2.jpg

おかしい…救急救命士がみんなに運ばれて行く。
抱えられた伊東が、ポツリ…と言った「すみません。すべての看板に偽りがあって…」

おい!伊東!
野球が下手でもいい。へなちょこ救命士でもいい。
これからは、アナウンサーとして新しい看板を自分のチカラで作りなさい!
みんなに頼られ…愛される。必要とされる喋り手になりなさい!
そして、RCCの看板アナウンサーになりなさい!!
鍛えてやるから(笑)


20160707-160707_3.jpg
2016・7・7 (AM1時40分)
横山雄二。

2016年06月30日

null
【担当アナウンサー:一柳 信行】


プロ野球は交流戦も終わり、今度の節目はオールスター戦というところでしょうか。
連日ファンの期待と声援を受け、カクテル光線の下熱戦を繰り広げるカープも気になりますが、私一柳、久しぶりに野球に興じてきました。
と言ってもちょっと前のことになりましたが、高校野球OBが再度甲子園を目指す大会、マスターズ甲子園の広島県予選に出て来ました。


大会自体は10年位前から始まっているものの、我が校は参加し始めて今年は3年目。
選手登録は50人位しているはずですが、試合の日が仕事と重なることもあり、来られる選手は結構少ない。
私も一昨年と去年は都合がつかず欠場。
今年は休みの日に当たってくれてラッキー!。
初出場にこぎつけたのでした。


20代30代の頃はまだ10代の余力でそこそこ動けていました。
RCC野球部の活動も活発で、何とかなっていました。
しかし、今40代後半。
特にこの5年くらいは野球部の試合に2〜3試合しか行けていません。
今回も、丁度1年前位にこの大会に向けて1日練習しましたが、それ以来のユニフォーム姿です。

 で、久しぶりのユニフォーム姿が、これです。
20160630-image001.jpg

ど〜です? 因みに相手は、去年の広島県代表の広陵。
打者が私。
真ん中に写っている大きな捕手が、広陵の選手。
明らかに私よりもでっかい。
さすが名門校の出身者は体つきが違った。

この大会、幅広い年齢層の選手が出場できるようにとの配慮から、若い選手は試合の前半に、我々おっさん組は試合後半からの出場がメインになります。
まずは、サードの守備から入った私。
一番守り慣れたポジションのはずなのに、久しぶりの試合なので、守備に全く自信がない・・・。
「絶対に飛んでくるな!」と弱気モード全開で守っていました。
そうしたら、念ずれば花開く?だったのか、一度も飛んで来ませんでした。
恥をかかずにすみました。

でも、打つほうは何となく自信があったんです。
根拠はありませんでしたけど。
というわけで、迎えた最終回2死で私に打席が回ってきました。
それが、さっきの写真のシーンです。
次打者サークルには、私の代に4番を打っていた同級生が控えていました。
彼は今、滋賀県に住んでいます。この日の試合のためにわざわざ新幹線で帰広して来ました。彼も私と同じ様に守備から入っていたため、この打席が初打席になります。
もし私が出塁出来なければ、彼は一度も打席に立てずに滋賀に帰らなければならなくなります。
彼のためにも、私一柳は、絶対に打たなければならなかったわけです。


追い込まれて迎えた5球目。
打球は見事にレフトスタンドに消えていく大ホームラン!。
「男一柳、新井ばりの渾身のフルスイングで、同級生につなぎました!」
となれば、熱闘甲子園のような美しい青春物語で話は完結するのですが、
もう我々は青春時代には戻れません。

内角低めの速球を自信を持って見送った私に、無情にも球審の「ストラーイクッ!!」のコールが突き刺さりました。
球が投手の指から離れた瞬間、捕手の「よ〜し!」の声。
「何言ってるんだ。ボールじゃん」と思って見送りましたが、後の祭り。
球審がストライクとコールすればそれまで。
同級生につなぐことは出来ませんでした。

夜、高校のある廿日市市内で打ち上げ。
私は夜勤に当たっていたので宴席には行かず、そのまま会社に直行しましたが、その席は、去年は私の別の同級生の見逃し三振で試合終了、今年も私の見逃し三振で試合終了、同学年の2年連続の失態ぶりにそれはそれで盛り上がったようです。

それにしても、やはり見逃し三振って、精神的にかなりへこみますね。
もうちょっとしたら、高校野球の甲子園県予選が始まります。
たった1校を除いて、あとの高校は例外なく敗れていきます。
その瞬間が見逃し三振になることのないよう、おっちゃんは祈っています。

最後に、試合直後の写真を1枚パチリ。
20160630-image002.jpg

2列目右から3人目が、私一柳。
同列左から2人目は私の1学年後輩。
彼は日本ハムの投手有原航平が中学時代、野球クラブチームの監督として直接指導をしていました。
因みに前列右から2人目は、清原和博氏ではありません。
よく似てはいるようですが・・・。

2016年06月23日


【担当アナウンサー:小林 康秀】


会社の机を少し片づけていたら、
懐かしい写真などが出てくることってありますよね。
数日前みつけた写真がこれです。

20160623-160623_1.jpg

入社一年目の写真です。
研修中ですね。
みんなおなかに手を当てて声を出しています。
「アーーーーーーーーーーーーーーッ!」
私の時は同期三人左から石橋、吉川、小林。
一番右は当時のアナウンス部長橋本雅明さんです。
大変お世話になりました。

さて、みんなどこを見ているのでしょう?
まるで、「あの太陽に向かって叫べ!!」という感じですが、
見ているのは太陽ではなく、壁に取り付けられている時計。
どれだけ長い時間、声を出し続けられるか、ということなんです。
こうやってのどを鍛えていくのです。

緊張感のあるスタジオの中で、
おなかに力を入れて発声しないといけないので、
空腹であったり、腸の動きが活発だったりして、
おなかがグーグーなるんです。
私だけでなく、みんな。
「だれだ?いま鳴らしたのは?(笑)」
なんて橋本部長に言われながら、使っていないスタジオで、
滑舌をよくするための練習や、原稿読みをやっていましたね。

そんな研修が2か月ほどあった後の、初鳴き…。
交通情報と天気予報からでしたが、
吐きそうになるくらいの緊張感だったことを覚えています(笑)


今年、久々の男性アナウンサーとなる伊東平が入社。
先々週、ラジオでの初鳴きを済ませ、
昨日ニュース6のスポーツコーナーの担当として初めて出演を果たしました。

20160623-160623_2.jpg

アナウンサーとしての入社は今年は彼一人だけのため、
我々の時と違って、マンツーマンで、
更に緊張感のある中での研修を乗り越えてきた男です。
これからちょくちょく番組に出てもらいます。
どうぞお見知りおきを…。

そんな中で先ほどの写真を見つけ、
こんな時代もあったなあと、
あの時の緊張感を忘れないようにしないといけないなと、
今度はちょくちょく見つけそうな場所に片付けました(笑)

2016年06月16日


【担当アナウンサー:坂上 俊次】


いきなり禅問答のようですが、そうなのです。
カープから四国アイランドリーグに派遣された選手の言葉です。

今年、カープから松浦耕大選手と木村聡司選手が実戦の出場機会を増やすべく愛媛マンダリンパイレーツに派遣されました。

20160616-IMG_0012.jpg 20160616-IMG_0013.jpg

そこには、日本のプロ野球では当たり前のものがありません。
グランド整備はベンチ入りしなかった選手が行う。
練習に裏方のスタッフは存在しない。
試合前のケータリングはない・・・

選手は、自分で軽食を用意して球場入り、
バント練習の時はチームメイトにボールを投げてもらって行っていました。

私が取材した試合では、選手は終了後、球場の掃除をしてから家路についていました。

20160616-IMG_0014.jpg 20160616-IMG_015.jpg


四国で見た、「もうひとつのプロ野球」。
そこには、選手の強いハートと感謝の気持ちがありました。
ひとまわり大きくなった選手がカープで活躍する日が楽しみです。

2016年06月09日


【担当アナウンサー:吉田 幸】


4月から私は、金曜の朝10時から放送している
RCCテレビ「ランキンLand!」に出演して
新商品や話題の商品を紹介したり、また、県内のあちこちにでかけてグルメを紹介したりしています。
相方は、大ちゃんこと、大松しんじさん。
すごい昔(きっと20年くらい前)から知っていたけど、
定期的に一緒に仕事するのは、初めて!興味深いことばかりです。

先日、ふりかけの旅行の友の発売から100周年(おめでとうございます)の
田中食品を取材したとき、こちらは、ご紹介できたのですが。
20160609-image01.jpg


こちらは、お伝えできませんでした。
20160609-image02.jpg


2つは、どちらも私がアレンジしたものという共通点があって、
とても似ているようですが、違います。
上の「竜宮城ふりかけ」は、
鰹みりん、(旅行の友にも使用されている)魚粉、ひじき、青のり、(珊瑚にみたてた)たまご、(白い珊瑚に見立てた)ゴマなどが入った、
ご飯にかけていただくタイプで、私の好きな鰹みりんを中心とした味で
香りよく仕上がりました。
下の「いろどりふりかけ」は、
さけ、たまご、人参、紫キャベツ、ゴマなどが入った、ご飯に混ぜていただくタイプで
まさに彩りが良く、やさしい味に仕上がりました。
彩りの方は、時間が限られたため、ご紹介できなかったんですよーーー。
美味しかったのに、ご紹介できなくて残念だったので、ブログに!

ふりかけって、微妙なさじ加減で風味も塩加減も大きく変わることもわかりました。

どちらもこの2か月ほどの間に、取材に伺ったのですが、
まさに、大人の工場見学!
工場内の見学だけでなく、実際にふりかけづくりの体験もできて理解が深まりました。

2016年06月02日


【担当アナウンサー:石橋 真】


先週末、カープの遠征に帯同して横浜スタジアムを訪れました。
横浜スタジアムといえば、やはり、これを食べなければなりません。

20160602-0602_1.jpg
ハマスタ名物、『みかん氷』です。

『みかん氷』の詳細については、
昨年6月25日の石橋のアナウンサー日記に書かれていますので、ご参照くださいませ。
およそ1年ぶりの味。実にシンプルな作りの『みかん氷』。何度食べても、飽きない味です。


さて、今回の横浜スタジアムでは3連戦とも超満員。報道陣には大入り袋が配られました。

マツダスタジアムで満員になった際、カープ球団から配られる大入り袋には、100円玉が一枚入っています。大入り袋の中身は他球団でも、金額は違えど、硬貨が入っているのだろうな、と思っていましたが、ベイスターズ球団から配られた大入り袋にはこんなモノが入っていました。

20160602-0602_2.jpg

ベイスターズ球団特製のコインです。
表面には、横浜DeNAベイスターズとなって5周年を表す数字の「5」。
その裏には、横浜スタジアムがデザインされています。

もちろん、世間に流通している硬貨ではありませんので、お金の代わりに使用することはできないそうです。

ただ、このコインを3枚集め、横浜スタジアムそばのカフェに持っていくと、コーヒーと交換してくるのだそうです。(コーヒーであれば、ホットでもアイスでもOKだと、在京の放送局の方がおっしゃっていました。それ以外のドリンクと交換できるかどうかは、不明です・・・)。
プロ野球の各球団ともに、他球団とは違った形のファンサービスや特色を様々な面で出そうとしていますが、この大入り袋のコインもその一つなのでしょうね。

次回、横浜スタジアムへの遠征の際、コインを手に持って、コーヒーを啜ってきたいと思います。

2016年05月27日


【担当アナウンサー:道盛 浩】



20160527-02.jpg
個人的に毎年、5月といえばお祭り以上に盛り上がる時期。
なにに盛り上がるのかといえば、アオリイカ。

エギというイカ専用の日本古来の疑似餌を使う釣りです。特に春は産卵のために岸に近づいてくる親イカを狙うので、成長しきったでかいイカを釣ろうということになります。

どれくらい大きいかというと2キロを超えるヤツがいたりします。もちろんそんな大きなイカはめったにいないし、数自体が少ないのでボウズ覚悟の釣りになります。

実際、この釣りを初めて5,6年経ちますが、釣れたのはごくわずか。それが去年はどういうわけか絶好調でボウズなしという信じられない結果に!



20160527-03.jpg
なので今年もということで5月になってすぐに鼻息荒く、島根県浜田まで行ってきました。やはり去年好調だった人が多いせいか、ポイントは人だらけ。

朝の4時から投げ始め、だんだんと明るくなってくる中、デカイカが来ると信じて投げ続け、気が付けば昼の12時。

何もないまま時間だけが過ぎていきました。

他の人にもアタリ無し!

イカは墨を吐くので、釣れていれば墨跡があるのに、よく見るとそれもなし。

こりゃ、あかんわ〜〜。


結局、この後はなかなかタイミングが合わず、行けずじまい。
新鮮なイカを食べることはできないまんまです。

てなわけで、代わりに広島市内でチヌやスズキを狙ってますが、
こちらもちょこちょことは釣れるものの、狙ってるサイズは全く釣れず。
20160527-01.jpg

スズキは最低でも60センチ以上と思ってますが、50センチ台が1匹だけ。
20160527-04.jpg


どんどん暑くなってきて体力的にも厳しくなる中、この5月の地獄、6月になって流れが変わるのか、いや変えねば!!

2016年05月19日


【担当アナウンサー:河村 綾奈】


お久しぶりです。
河村綾奈です。

新緑の眩しい季節になりました。
私の家の周りでも、筍が生え、そして竹になりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


さて、今日はお仕事のお話です。

私が4月から担当しています、
RCCラジオ『マツダミュージックドライブ』。
広島県のおすすめドライブスポットを紹介する番組です。
県内津々浦々 取材に出かけています。

たとえば……

☆海に向かってお食事ができる、素敵なレストラン&カフェに行ったり…
20160519-image001.jpg
↑お日様に負けて目が線になっている図


☆宮島お砂焼の絵付け体験をしたり…

20160519-image002.jpg
←本当は「ようこそ河村家へ」って書きたかったのに 手が震えて断念したのはヒミツ






☆牛の乳搾り体験をしたり…

20160519-image003.jpg
←ポイントは、ギュウッと握ってニュゥー!と絞ることだそう!そう!ぎゅう、にゅうー!






☆きのこセンターで舞茸を狩ったり…

20160519-image004.jpg
←溢れんばかりの舞茸、どうだっ!まいったけぇぇ!(照)






…………いえ、お仕事です。

決して遊びに行っている訳では御座いません。


日々、様々な場所で、とても楽しく取材をさせてもらっています。
そして、あんなことがあったよ、こんな事を感じたよ、とウキウキ喋っています。
お出かけの参考になりますように。

RCCラジオ『マツダミュージックドライブ』
毎週土曜 おひる0時〜0時30分 O.A.

是非、お耳を傾けてみてください。


実はブログもせっせと更新しています。
ブログ大好き〜!毎週書くのがとても楽しいです。
こちらもどうぞご覧ください。

http://www.1350.jp/m-drive/

河村でした〜!

2016年05月12日


【担当アナウンサー:中根 夕希】


先週はGWでしたね。
今年は最大10連休ということでしたが、
みなさん、どのように過ごされましたか?

私は、自分にとって3回目のフラワーフェスティバルを迎え、
充実した日々を過ごしておりました!

雨で寒かったり、風が強かったり、
炎天下のもと、暑かったり・・・
天候は様々でしたが。
40回目を迎えるフラワーフェスティバルに携わっていて
たくさんの方々の汗と涙と笑顔を見ることができ、
改めて広島にとって大きな、大切なお祭りなんだなあ、と感じました。
20160512-image001.jpg
親子3世代でつながってきたもの。
1回1回、それぞれ違った想い入れや思い出があり、
そうやって、きっとこれからもつながっていくものなんだろうなぁ、と
実感したように思います。


そして!
私のゴールデンウィーク、
もちろん、お休みもありましたよ!
同期とカープ観戦(^o^)♪
20160512-image003.jpg
リラックスした時間でした(*^_^*)

今年度もまだ始まったばかり!
公私共々、これからもはりきっていきますよー!

2016年05月06日


【担当アナウンサー:青山 高治】


新緑の5月、本当に緑がきれいな季節ですね。
実は…かつて僕は…この広島の緑を守っていました!

学生時代に経験した数々のアルバイトの中で、短期間ですが深く印象に残っているのが「緑地帯の散水栓を開閉して回る」という仕事です。

普段何気なく生活しているとあまり意識はしませんが、緑の植え込みがある道路や歩道って多いですよね。雨が降らない時期でもキラキラと輝く緑…一体誰が水をやっているのかというと、担当する業者さんが真夜中に作業をしているんですね。

その手伝いをするアルバイトが僕は大好きでした。
仕事は夜9時集合。その日に散水する緑地帯に向かい軍手をはめ植え込みの中に顔を突っ込み蛇口を探します。そして蛇口をひねると植え込みの中に通っている一本の長いホースに開けられた小さな穴からチョロチョロと水が出てきます。その水の出具合をちょうどいい感じに蛇口で調整して前半の仕事は終了です。
こうして数か所の散水栓を開けて回った後は、折り返しです。午前1時頃から開けた順番に閉めていきます。すると一か所につき3〜4時間は水やりが出来たことになります。そして早朝5時に「今日も広島の緑は俺が守ったぞ…」という心地よい満足感と程よい眠気の中で仕事終了です。

20年以上前の話なので現在は仕事内容やシステムも変わっていると思いますが、今でも広島の街を歩くと「昔、水をやったあの植え込み…今日も元気そうだな」と懐かしく愛おしく思えるのです。祖父が大工で父が建具という職人の家系で、なぜかアナウンサーになってしまった僕ですが、自分の仕事の成果が日々暮らす街の中に存在しているって、かっこいいなぁと思うんですよね。

2016年04月28日


【担当アナウンサー:本名 正憲】


アナウンサーになって30年余り、これまでいろんなジャンルを担当してきましたが、スポーツ中継だけは経験がありません。

が、そんなわしでも唯一経験したのがゴルフです。
1998年、ですからかれこれ20年近く前になりますか、瀬戸内海ゴルフクラブで行われました「ミズノオープン」の18番グリーン担当レポーターです。
なんでわしに白羽の矢が立ったのかと言いますと、当時本格的にゴルフやってたのがわしだけだったから(笑)。
2001年まで、ですから4年間やりましたねえ。
で、それが今も続く「ゴルフの花道」へとつながっていくわけです。
え?と思われるかもしれませんが最初の一年だけわしが担当しておりました。
翌年昼のラジオワイドを受け持つことになりまして、取材時間が取れないという理由で番組を交代することになるわけですが、そうなったとたんゴルフへの情熱が一気に冷めまして、もう15年くらい遠ざかっておりました。
が、最近カミさんの両親からゴルフに誘われることが多くなり一念発起、カムバックゴルファーとして悪戦苦闘しております。
かつては白竜湖のフルバックから80台で回ったことすらあるこのわしですが、いまや初心者同然。
こないだようやくハーフで50を切りました。トータル?いやきかんとってください…。
カラダはひとつしかありませんのでいまのところ自転車もアーチェリーも開店休業状態。
もうちょいゴルフメインで頑張ります。

次回の日記では90台なかばで回れるようになったとご報告するつもりです。

2016年04月21日


【担当アナウンサー:石田 充】


今月14日午後9時半前。
マツダスタジアムでの実況を終えてふと見た携帯電話に表示された「熊本で震度7」の文字。

「うそであって欲しい…。」
それが最初の感情でした。

その思いも虚しく、16日未明には本震が襲いました。


今は地元広島に住んでいますが、2005年、私のアナウンサーとしてのスタートは、熊本の放送局でした。

就職で初めて訪れた県でしたが、本当に住みやすかった街です。
その理由は“広島にそっくりな街だったから”かもしれません。

熊本駅から路面電車に揺られ、川沿いを走り、市内中心部へ向かう雰囲気。
そして中心部には、お城があり、アーケード街が広がっている光景など、広島と似ているところが多々ありました。
(お城の敷地の広さや、アーケードは本通りをはるかにしのぐ大きさで驚きました。)

そんな町の中心部に近い場所で起きた地震。
その後、南阿蘇村などで土砂崩れもあり、被害は広がってしまいました。

最初に震度7を観測した益城町は、車で市内中心部から東へ30分ほどの場所。
単純に広島での距離感覚でいえば、海田町あたりです。
そんな場所で震度7と思えば、市内中心部もほぼ同じ揺れだったことでしょう。
今回、個人的に大変さを感じるのは、「熊本の中心部」が震源に近かった点です。

市民の足、路面電車が一部で運転を再開するのに、本震から4日かかりました。

以前、私が住んでいた近くでよく利用していた熊本市内のシネコンつきの大きなショッピングモールは、天井が剥がれ落ちるなど、営業停止が続いています。
またスプリンクラーが作動し、商品も売れなくなったものがあると聞きます。

そして、市民の誇りである熊本城も大きな痛手を負いました。
本丸だけではなく、石垣や櫓など、その周辺も含めて類を見ない大きさのまさに難攻不落のお城が、被害を受けています。2007年に築城から400年を迎え、それに合わせ様々な復元工事も行われたばかりだったのに…。


熊本を離れ、約10年。
住んでいた当時は、九州第2の県でありながら、観光地としては長崎や鹿児島に人気で劣っていました。
その後、2011年の九州新幹線全線開業を前に、通過点にならないために様々な取り組みを行い、熊本の魅力をアピールしてきました。
その中で、キャラクターの「くまモン」が大ヒットして、街の知名度や好感度が一気に高まり、2012年には熊本市が政令指定都市になりました。
中心部には熊本城、山間には阿蘇や温泉、天草にはきれいな海があり、食べ物もお酒もおいしい県として、国内外から観光地として再評価されつつある中での今回の地震。

以前の職場の仲間たちは、家に帰っても倒れた家具などを元に戻す暇すらなく、つらい地元の情報を伝え続けています。
余震もなかなか収まらない中、疲労、不安、恐怖、そしてストレスとの闘いもあるようです。

避難者も多く、復興までは長い期間が必要となることが予想されますが、とにかくこれ以上、被害が拡大しないことと、被災した方々が一日も早く安心して生活ができるようになることを祈るばかりです。

そして、また熊本で仲間と笑顔で再会できる日が来るよう願いたいと思います。
そのために、広島からできることを、しっかりと考えていきます。

2016年04月14日


【担当アナウンサー:長谷川 努】


手作り餃子に挑戦してみました。
と、言っても今回は2回目。前回は水餃子だったので、この日は焼き餃子を作りました。
写真

手作り餃子ですからもちろん皮から作りますよ。
こねては寝かせ、こねては寝かせと4回繰り返すので結構時間はかかるのです。
写真

そして最後の仕上げ棒を使って皮を広げるのですが、市販の皮のように丸くはできません。
楕円になったり、アメーバのように様々な方向へ広がったり、なかなか言うことを聞いてくれません。
写真

でも、何とか具も詰めてじっくり焼くこと20分!
お、なんだか美味しそうじゃないか!!!
見た目は良くないけど、これが意外といけるのです!
写真

モチモチの皮が香ばしく焼けて、水餃子も良かったけど、焼き餃子はさらに美味しいかも!
餃子が思いのほか大きくできてしまったけど、これは男の料理としてご愛嬌。
う〜ん、才能あるかも・・・俺。

2016年04月11日


【担当アナウンサー:泉水 はる佳】


今シーズン、みなさんはお花見されましたか?

先日イマなまで「イマなら間に合う桜スポット」を取材したのですが、
そこで、特別な桜の楽しみ方を教えていただきました。
雁木タクシーでの桜クルーズです。

稲荷橋のふもとから船に乗り込んで、平和記念公園まで。
ゆったりとした時間が流れ、普段見慣れている街の景色も、
新鮮に映ります。
20160411-160411_01_2.jpg
水面には・・・きれいな桜色。
20160411-160411_02_2.jpg

途中には、楠木大雁木といわれる歴史ある雁木が。
広島にある数多くの雁木の中でも、これほど大きく立派なものは少ないのだとか。
20160411-160411_03_2.jpg
ポップラ通りの桜並木は、まるでピンクの雲が広がったよう。
20160411-160411_04_2.jpg
20160411-160411_05_2.jpg
雁木タクシーから見る桜を満喫しました。
これからあと少し、山桜が楽しめるでしょうか。

今年の桜をしっかりとカメラと、心に焼き付けて・・・また来春。